本田翼、年間CM起用本数で初の首位も飛び交う“微妙な声”

本田翼が年間CM起用本数で初の首位 視聴者は食傷気味で芦田愛菜に来年抜かれる可能性

記事まとめ

  • 『2021年タレントCM起用社数ランキング』が発表され、本田翼が初の年間首位に輝いた
  • しかし、「女優としては微妙だからCMくらいがちょうどいい」など、微妙な意見がある
  • 来年は芦田愛菜に抜かれる可能性が高く、本田は『棒演技』を改善する必要があるという

本田翼、年間CM起用本数で初の首位も飛び交う“微妙な声”

本田翼、年間CM起用本数で初の首位も飛び交う“微妙な声”

本田翼、年間CM起用本数で初の首位も飛び交う“微妙な声”

 メディアの調査・分析を行うニホンモニターは12月1日、「2021年タレントCM起用社数ランキング」を発表。女優の本田翼が16社に起用され、初の年間総合1位に輝いた。

 ランキングは今年1月から11月までのCMをまとめたもので、本田は昨年の10社から16社に大幅に増加。コミカルなダンスの「LINEMO」(ソフトバンクモバイル)や「ZOZO TOWN」(ZOZO)のCMが印象的だった。

 まさに“CM女王”の名にふさわしい活躍ぶりだが、なぜかネット上では微妙な意見が散見される。その声を見てみると…。

「正直、女優としては微妙だからCMくらいがちょうどいい。元気なイメージだからスポンサーがつきやすいんだと思う」「彼女の演技はファンの自分ですら擁護できないものがあるけどCMならね(笑)。人にはそれぞれ合った道があると思う」「彼女のCMはみんな同じに見えるし、ただ躍らせときゃいいっていう感じ。だいぶ飽きてきた」といった具合だ。

「笑顔が可愛く元気なキャラクターでスポンサーウケしている本田ですが、さすがに最近は食傷気味よの声が聞こえてきます。ランキングでは、1社差の2位に芦田愛菜が入っていることから、知的なイメージや演技の幅の広さで、来年は本田を抜き去る可能性は高い。本田も女優として、“棒演技”と揶揄されるイマイチな評価を改善しなければ、最終的にはCM出演本数も減少していきますよ」(芸能記者)

 いっそ、女優をやめてCMとバラエティ番組に絞るという選択肢もあるかもしれない。

(ケン高田)

関連記事(外部サイト)