黄金の80年代アイドル「全記録ランキング」〈ギネスブック〉映画動員1位〜4位を薬師丸ひろ子が占めた

黄金の80年代アイドル「全記録ランキング」〈ギネスブック〉映画動員1位〜4位を薬師丸ひろ子が占めた

黄金の80年代アイドル「全記録ランキング」〈ギネスブック〉映画動員1位〜4位を薬師丸ひろ子が占めた

 ただ夢中になったわけではない。80年代アイドルは、ビジネスというジャンルでも足跡を残した。まずは映像を中心に、驚きの記録をたどる。

 地上波しかなかった80年代、テレビの威力は今よりはるかに強かった。アイドル主演のドラマでも、別表にあるように上位10作すべてが視聴率20%を超えた。

 45.3%という記録的な最高視聴率を記録したのは、社会現象にもなった「積木くずし」(TBS系)である。アイドルグループ「わらべ」の一員だった高部知子(54)は、本作で天才女優の名をほしいままにするが、ベッドで恋人とタバコをくわえた「ニャンニャン事件」が発覚して失速してしまう。

 隠れたドラマ女王は中山美穂(51)と小泉今日子(55)のふたり。中山が4作、小泉が2作をベスト10に送り、人気が一過性ではないことを証明する。また伊藤麻衣子(57)=現・いとうまい子=の「不良少女とよばれて」(TBS系)や、堀ちえみ(54)の「スチュワーデス物語」の人気も〈大映ドラマ〉の80年代を象徴した。

 映画の世界では、驚くなかれ1位から4位までを薬師丸ひろ子(57)が独占(注・原田知世(54)との2本立て含む)。角川映画のオーディションを勝ち抜いた初代であり、テレビにほとんど出ず「映画館でしか会えない」という飢餓感が人気を後押しした。

 異色なのは10位に入った中森明菜(56)の「愛・旅立ち」(東宝)で、当時の恋人だった近藤真彦との共演作。死んだあとに空を飛ぶなどの壮大な描写で、カルト映画としても名を残している。

 CM部門では、当時のトップアイドルはいずれも、飲料水やお菓子など複数のメーカーを掛け持ちしていた。その中で女王を選ぶとなれば、やはりキョンキョンを置いてほかにない。

 出演本数だけでなく、キョンキョンの場合は「広告に出演した商品の売り上げが20%上昇する」との神話を打ち立てたのだ。

 続いて写真集部門では、河合奈保子(58)の圧勝と言っていい。まだグラビアアイドルという言葉もなかった時代、豊満な肢体と明るい笑顔のギャップで次々と写真集を発売。レコードセールスでは同期の松田聖子(59)にかなわなかったが、グラビア人気では大量リードしたものだ。

 さらに奈保子は、引退から30年以上が経過したが、ここ5年で8冊が復刊されるなど、現役時と変わらぬ売れっ子ぶりを誇る。

 お宝市場で健闘しているのは、聖子の「聖子おしゃれアルバム」(実業之日本社)と中山美穂の「美穂がんばる」(集英社)が、ともに3万円前後のプレミアム価格となって気を吐いている。

 やや変化球ではあるが、ニュースワードランキングで80年代を総括してみよう。トップクラスには聖子と神田正輝の「聖輝の挙式」(86年)、中森明菜の「マッチ宅で自裁未遂」(89年)、倉沢淳美(54)の「サイン会で暴漢に切りつけられる」(84年)などが挙げられる。

 これらを超えて、20世紀の事件史としても語り継がれるのが、あの衝撃的な岡田有希子(享年18)の「サンミュージック屋上から飛び降り自殺」(86年)だろう。当時、全盛を極めていた写真週刊誌では、現場に飛び散った脳漿までが掲載された。また、ファンの後追い自殺が30人を超えたことも、社会的ショックの大きさを表していた。

■ドラマ視聴率10傑

1位:高部知子「積木くずし(83年、TBS)」45.3%

2位:中山美穂「ママはアイドル!(87年、TBS)」28.6%

3位:伊藤麻衣子「不良少女とよばれて(84年、TBS)」27.9%

4位:堀ちえみ「スチュワーデス物語(83年、TBS)」26.8%

5位:小泉今日子「愛しあってるかい!(89年、フジテレビ)」26.6%

6位:中山美穂「毎度おさわがせします(85年、TBS)」26.2%

7位:小泉今日子「少女に何が起ったか(85年、TBS)」24.4%

8位:中山美穂「君の瞳に恋してる!(89年、フジテレビ)」23.6%

9位:浅香唯「スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇(86年、フジテレビ)」21.3%

10位:中山美穂「若奥さまは腕まくり!(88年、TBS)」20.8%

■主演映画興行成績

1位:薬師丸ひろ子/原田知世「探偵物語/時をかける少女(83年、東映)」28億

2位:薬師丸ひろ子「里見八犬伝(83年、東映)」23.2億

3位:薬師丸ひろ子「セーラー服と機関銃(81年、東映)」23億

4位:薬師丸ひろ子/原田知世「メイン・テーマ/愛情物語(84年、東映)」18.5億

5位:斉藤由貴「優駿(88年、東宝)」18億

6位:薬師丸ひろ子/原田知世「Wの悲劇/天国にいちばん近い島(84年、東映)」15.5億

7位:中山美穂「ビー・バップ・ハイスクール(85年、東映)」14.5億

8位:南野陽子「はいからさんが通る(87年、東映)」12.5億

9位:松田聖子「プルメリアの伝説 天国のキッス(83年、東宝)」12億

10位:中森明菜「愛・旅立ち(85年、東宝)」11.7億

関連記事(外部サイト)