女子アナカレンダーで見えた「推し候補マル秘序列」(2)テレ朝・渡辺瑠海が「ポスト弘中」の筆頭格

「ポスト弘中綾香」筆頭格は渡辺瑠海アナか 並木万里菜アナは"地味アナ"とも

記事まとめ

  • テレビ朝日は弘中綾香アナの後継者育成に四苦八苦の様子だという
  • 並木万里菜アナは"地味アナ"と揶揄、鈴木新彩アナが売れるのは何年も先だとも
  • カレンダーのセンターに抜擢された渡辺瑠海アナが「ポスト弘中」の筆頭格だという

女子アナカレンダーで見えた「推し候補マル秘序列」(2)テレ朝・渡辺瑠海が「ポスト弘中」の筆頭格

女子アナカレンダーで見えた「推し候補マル秘序列」(2)テレ朝・渡辺瑠海が「ポスト弘中」の筆頭格

女子アナカレンダーで見えた「推し候補マル秘序列」(2)テレ朝・渡辺瑠海が「ポスト弘中」の筆頭格

 看板アナの去就に注目が集まるテレビ朝日はどうか。9月に実業家男性との結婚を発表した、弘中綾香アナ(31)の後継者育成に四苦八苦の様子。民放局ディレクターがため息まじりに解説する。

「長らく弘中アナ一強体制が続いていますが、年齢的にもいつ一線を退いてもおかしくない存在です。局としては、エースアナの出世コースと言える『ミュージックステーション』のサブMCを10月まで務めた5年目の並木万里菜アナ(26)を『ポスト弘中』に当て込んでいたようです。ところが、局内で“地味アナ”と揶揄されるほど世間での知名度はイマイチ。番組を引き継いだ新人の鈴木新彩アナ(22)にしても、顔と名前が売れるのは何年も先の話でしょう」

 未来のエースは報道畑から掘り起こすしかない──。そんな局内事情が色濃く表れているのが発売中の「週めくりカレンダー2023 アナウンサーズ」である。民放局ディレクターが続ける。

「表紙のセンターに抜擢された渡辺瑠海アナ(25)こそ『ポスト弘中』の筆頭格ですよ。昨年秋、入社2年目にして『報道STATION』に抜擢されたのも将来のエース育成のため。大越健介キャスター(61)と小木逸平アナ(48)のフォローもあって、メキメキ実力をつけてお茶の間の知名度も上々。23年は同期でスポーツコーナーを担当する安藤萌々アナ(24)とともに飛躍の年になりそうです」

 肝心なのはカレンダーの中身。情報番組の制作スタッフに分析してもらうと、

「渡辺アナは4月と10月の2カットを収録。いずれも一緒に休憩時間を過ごしている気分にさせてくれる“癒やしショット”です。中でも桜の木をバックにした4月は垂涎もので、エメラルドグリーンのブラウス越しに豊満なバストを確認。そして、春と冬に2回登場する安藤アナは彼氏とのデートを想起させる“オネダリショット”。真っ赤なマフラーに首を埋めて、『今日は帰りたくない』と言わんばかりの表情です」

 推し候補は若手に限らない。テレ朝関係者いわく、

「1月にお淑やかな着物姿でほほ笑む松尾由美子アナ(43)です。若手メインのカレンダーにおいて、1月や4月の節目の月に配置されるベテランは幹部候補と言われています。実際、松尾アナのアナウンス技術は局内随一。育児優先のシフトを敷きながらも、夕方の帯番組『スーパーJチャンネル』のMCを任されている。いずれは、役員待遇に昇進した大下アナと同じルートをたどるのでは」(テレ朝関係者)

 若手とベテランが噛み合う盤石の布陣のようだ。

関連記事(外部サイト)