今年も「ガキの使い」ナシの大晦日…日本テレビがあの「テレビ東京グルメドラマ」に大惨敗の危機

大晦日の特番で、テレビ東京が『孤独のグルメSP』を投入したら日本テレビが惨敗も

記事まとめ

  • 日テレが大晦日に『笑って年越し!世代対決 昭和芸人VS平成・令和芸人』を生放送する
  • しかし、延々とゴチャゴチャ感が続く内容が予想され、惨憺たる結果が予想されている
  • テレビ東京が『孤独のグルメSP』を投入したら、日テレがテレ東に惨敗する可能性もある

今年も「ガキの使い」ナシの大晦日…日本テレビがあの「テレビ東京グルメドラマ」に大惨敗の危機

今年も「ガキの使い」ナシの大晦日…日本テレビがあの「テレビ東京グルメドラマ」に大惨敗の危機

今年も「ガキの使い」ナシの大晦日…日本テレビがあの「テレビ東京グルメドラマ」に大惨敗の危機

 11月14日、日本テレビが今年の大晦日の特番で「笑って年越し!世代対決 昭和芸人VS平成・令和芸人」を生放送することを発表した。

 同番組は東野幸治とナインティナインが司会を務め、タイトルの通り、昭和芸人と平成・令和芸人がネタで勝負。「昭和チーム」を出川哲朗とフットボールアワーの後藤輝基、「平成・令和チーム」を「かまいたち」が束ね、漫才やコント、ロケVTRなど、様々なジャンルのネタが披露されるという。ところが──。

「これで今年、日テレが一人負けする可能性さえ出てきた」

 と厳しい指摘をするのは、民放局関係者である。

「年越しのこの枠では、一昨年まで『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の『笑ってはいけないシリーズ』を放送し、11年連続で視聴率15%前後と、民放トップの視聴率を維持し続けていました。ところが昨年は、コロナ禍での収録が困難を極めたとの事情から休止。代わりにナイナイやバナナマンを司会に起用した『笑って年越したい!!笑う大晦日シリーズ』を放送。これが平均世帯視聴率で、前半の一部が7.2%、後半の二部が5.5%と、惨憺たる結果となりました。今回も概要を見る限り、賑やかさはありながらも、延々とゴチャゴチャ感が続く内容が予想され、似たような結果に陥りそうです」

 これにテレビ誌記者が追い討ちをかける。

「昨年は『笑って──』の裏(午後10時~11時30分)で、テレビ東京が松重豊主演のドラマ『孤独のグルメ2021大晦日スペシャル』を放送。平均世帯視聴率6.1%と、大晦日特番としては歴代最高を記録し、同時間帯ではテレビ朝日に次ぐ民放2位と、大躍進を遂げました。おそらく今回も『孤独のグルメSP』を投入するでしょう。となれば、日テレがテレ東に大敗する可能性もありますよ」

「ガキの使い」ナシの大晦日が、またもや波乱を起こしそうだ。

関連記事(外部サイト)