小泉今日子、「デビュー40周年ツアー」が「桃色」に染まる理由とは…

小泉今日子、「デビュー40周年ツアー」が「桃色」に染まる理由とは…

小泉今日子、「デビュー40周年ツアー」が「桃色」に染まる理由とは…

 デビュー40周年となる今年、小泉今日子(55)は年初からエンジン全開である。1月は舞台「ミネオラ・ツインズ」に出演。全29公演のハードスケジュールをこなす。そして、2月からは歌手として全国ホールツアーがスタートする。「KYOKO KOIZUMI POP PARTY」と題した40周年記念のコンサートツアーなのだが、キョンキョンが各地を巡るのは実に31年ぶりのこと。全国12都市15公演を予定しており、ファン待望のツアーとなっている。ファンを自任するスポーツ紙芸能デスクは、こうまくし立てる。

「配信ライブのDVDをリリースするなど、昨年末から40周年に向けたプロジェクトは始まっていました。その最大の目玉が全国ツアー。アイドル時代のシングル曲を中心に、クラブミュージックの影響を受けた90年代の楽曲まで披露する予定です。特に、デビュー記念日に当たる3月21日には中野サンプラザのステージにキョンキョンが立ち、同時にコンプリートビジュアルDVDが発売されるんですからタマらない。ここ数年は表舞台から退き、プロデューサー業など裏方仕事が多かっただけに涙が出そうですよ。キョンキョン本人も『体にムチを打ってがんばる』と気合が入っています」

 この「体にムチ─」というセリフは、実に意味ありげに聞こえる。というのも、今回のツアーは小泉にとっては起死回生のステージだからだ。18年に豊原功補(56)との不貞関係を公表。その際、裏方にまわると宣言したが、略奪愛のマイナスイメージからいまだ脱し切れていない。そこで今回のツアーで一肌脱いで…。

 そんな「桃色」なステージに注目が集まっているが、漏れ伝わってきたその内容と舞台裏を1月18日発売の「週刊アサヒ芸能」1月27日号が詳報している。

関連記事(外部サイト)