ダチョウ倶楽部「何でもOKなのに最後にしくじった」

ダチョウ倶楽部「何でもOKなのに最後にしくじった」

ダチョウ倶楽部「何でもOKなのに最後にしくじった」

●ゲスト:ダチョウ倶楽部(だちょうくらぶ) ■肥後克広(ひご・かつひろ)1963年、沖縄県生まれ。■寺門 ジモン(てらかど・じもん)1962年、兵庫県生まれ。「テアトル・エコー」に所属していた寺門と上島竜兵が、同劇団の先輩・渡辺正行の紹介で、肥後、南部寅太(現:南部虎弾)と出会い、1985年「ダチョウ倶楽部」結成。1987年、トリオに。その後、「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」「スーパーJOCKEY」(共に日本テレビ系)などへの出演を機にリアクション芸を確立。「ヤー!」「どうぞどうぞ」「訴えてやる!」など、数々のギャグでバラエティー番組に欠かせない存在となる。現在はコンビで活動中。

「ヤー!」「聞いてないよぉ」など、数々のギャグでおなじみのダチョウ倶楽部がコンビとなって活動中。天才テリーとはそのリアクション芸が確立するきっかけにもなった「お笑いウルトラクイズ」時代からの古い付き合いだ。新生ダチョウ倶楽部の今後を語り合った。

テリー 前に3人で来てもらったのは3年前だよね。

寺門 そうですよ。その時はこんなことになるとは、誰も思わなかったですよ。

テリー 結局、上島(竜兵)さんは何だったの。

肥後 いや、わからんです。いろんな人に聞かれるけど、思い当たるフシが何もないんですよ。仕事もうまくいってるし。

寺門 何日か前にCMも撮ったんですよ。「これから再ブレイクするぞ」って言ったんですから。

肥後 (当時3人で出演していた)ドラマも途中ですもんね。まあ、人間なんで浮き沈みはあるけど、別に普段も明るかったし。

テリー 本人がいちばん死んだことに気づいてないのかもね。「あれ、俺、天国にいるの?」って。

寺門 絶対そうですよ。

テリー 当然2人は驚いたろうけど、世間の反応はどうだったの。

寺門 その直後は飲食店とかに行ったら、言葉かけてくれなかったです。で、こっちがしゃべると、「ああ、大丈夫なんですね」ってなるような。2、3カ月経ったら、そういう雰囲気もなくなりましたけど。

肥後 僕がいちばんびっくりしたのは、上島さんの告別式かな、斎場に行ったんです。そしたら上島さんに女性の方が死に化粧をしてたんですよ。で、「あ、化粧してるんだ」と思って行ったら、その人が僕を見て笑ったんですよね。「あ、2人揃った」って笑えるんです。だから、死んでも笑えるぐらいの存在になってたんだなと思って。悲しいのは悲しいんですけど、なんか笑えるみたいな。

寺門 9月に「純烈(おふろ)ダチョウ」で「氣志團万博」という音楽フェスに出させてもらった時に「マキシマムザホルモン」さんっていうバンドが曲の中で僕らのギャグをやったんですね。竜ちゃんのジャンプするヤツとかやってくれるんだけど、すごい通じてるんです、会場全体に。それはびっくりしましたね。

肥後 だから、そういう意味では世の中的には、そんなに沈むっていう空気ではなかったです。まあまあ、びっくりするにはびっくりしましたけど。

テリー そうか。でもさ、俺は竜ちゃんって、ポスト寅さんだと思ってたの。

肥後 そうですね。渥美清さんじゃなくて、寅さんまんまの人間ですよね、上島さんは。

テリー 俺はすごくうらやましいと思ってたわけ。あのポジションって他にいないじゃない。

寺門 唯一、笑いを取らなくてもいい芸人だったから。

肥後 どっちに転んでもいいような。

テリー 言葉に詰まっていいんだもんね。

寺門 詰まって言葉が出なくても笑いがくるんだから。そういうポジションを作り上げた。

肥後 詰まっても笑えるし、しゃべって落としても笑える。何やってもOKだったんですよね。それなのに、最後の最後にしくじっちゃった。

寺門 大きなしくじりだね。

肥後 まあ、それが上島さんの芸風っちゃあ芸風なんですけどね。

関連記事(外部サイト)