麒麟・川島明、バラエティ番組「VTR明け」コメントに困った時のナルホド対応

麒麟・川島明、バラエティ番組「VTR明け」コメントに困った時のナルホド対応

麒麟・川島明、バラエティ番組「VTR明け」コメントに困った時のナルホド対応

 女優の高橋ひかるが1月15日放送のラジオ番組「土曜日のエウレカ」(東京FM)にゲスト出演。バラエティ番組出演時の悩みについて語った。

 女優業だけではなくバラエティ番組でも活躍中の高橋。番組中、「忘れっぽくて、ついさっき観たVTRを忘れてしまう」と、出演したときの悩みを告白した。

 MCの麒麟・川島明は「中年芸人じゃないんですよ。若いねんから」とツッコみつつ、「『衝撃映像10連発!』のような番組では、20分ぐらい映像観て、『さあ、ひかるちゃんいかがでした?』って言われるから、スタジオに降りる直前の映像しか覚えてない」と同情。

 最初に感想を求められる場合はいいが、高橋は3〜4番手に振られることが多いそうで、「後半の映像がインパクトが強くて、皆さんそのお話をされる。だんだん(自分に)回ってくると、『その話、されたから…』って。候補をいろいろ持っておいて、これを言われたらこっちを、こっちを言われたらこっちをみたいな」と、ほかの人と被らないようにする苦労を明かした。

 川島は「まったく俺と一緒。俺はいつも最後やから」とした上で、「井森美幸さんや、ひかるちゃん、朝日奈央ちゃんがいたりするとバランスを見て(コメント内容を)取っていく。10本のVTRがあったら、井森さんは『中盤の熊の襲ってくるやつが怖いわね』、奈央ちゃんが『最後のハチのやつも怖かった』、ひかるちゃんが『蛇のやつも怖い』って言う。けれど、たまに番宣で 来たバラエティにそんなに出ない俳優さんが『熊もハチも蛇も怖いよね』で全部言ってしまう」と笑った。

 そんな場合、川島は「それよりもこのセット狭いですね」などと、悪口を言って終わるそうだが、20歳の高橋と芸歴20年を超える川島が、同じ悩みを持っていたとは、バラエティ番組にはつきものの難しさなのだろう。

(鈴木十朗)

関連記事(外部サイト)