「優雅で上品で傲慢だった」紅音ほたるの突然死に共演芸人が追悼コメント

「優雅で上品で傲慢だった」紅音ほたるの突然死に共演芸人が追悼コメント

「優雅で上品で傲慢だった」紅音ほたるの突然死に共演芸人が追悼コメント

 元艶系女優でダンサーとしても活躍中だった紅音ほたるが8月15日、亡くなっていたことが交際相手でもある所属事務所社長のフェイスブックで発表された。死因は調査中とされているが、ぜんそくの発作による窒息死ではないかと言われているという。

 艶系女優を引退した後は、タレントとしても活動しており、男性だけでなく女性ファンにも多かったため、世の中に与えたショックは大きかった。

 紅音と親交の深かったお笑い芸人のマリリンジョイが語る。

「紅音が最後に出演したイベントで共演しましたが、いつもと変わらず元気な姿を見せていただけにとてもショックです。彼女は“優雅”で“上品”で、そして“傲慢”。一言で言えば、『女王』だった。でも、彼女のすごいところは、『女王』の名に恥じない圧倒的な存在感と実力。彼女以上に『華』があるタレントを私は見たことがありません。紅音さんの御冥福を心よりお祈りします」

 艶系女優引退後の活動が順調だっただけに、ただただ残念でならない。10月8日には、渋谷にあるCLUB camelotで「紅音ほたる追悼イベント」が行われるという。

(佐藤ちひろ)

関連記事(外部サイト)