二階堂ふみ「がっぱ先生!」主演に「江頭2:50のがっぺ先生のほうが観たい」の声

二階堂ふみ「がっぱ先生!」主演に「江頭2:50のがっぺ先生のほうが観たい」の声

二階堂ふみ「がっぱ先生!」主演に「江頭2:50のがっぺ先生のほうが観たい」の声

 9月23日放送の金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画「がっぱ先生!」(日本テレビ系)に主演する女優の二階堂ふみ。映画での主演経験はあるが初のドラマ主演で、教師役も初挑戦だ。

 原作は滝田よしひろの「みんなで跳んだ」(角川つばさ文庫)。タイトルとなっている「がっぱ」とは石川県のなまりで「一生懸命」「頑張る」といった意味。石川県出身の新米教師・村本愛子が都会の子どもたちや同僚、両親らと向き合いながら奮闘する成長物語だ。

「特に女性から人気のない二階堂ですが、ネット上ではドラマタイトルの『がっぱ』の語感が『がっぺ』に似ていることから『江頭2:50のがっぺ先生が観たい』『がっぺ先生のほうがみんな観る』といった書き込みが多数見受けられます」(テレビ誌ライター)

 佐賀県出身の江頭は「とても」「非常に」といった意味の佐賀なまりである「がっぺ」を使った持ちネタ「がっぺむかつく」があることは有名だ。江頭を引き合いに出すほど、二階堂に対して強い嫌悪感を持つ視聴者がいるのだ。

「中には二階堂の肉食女子ぶりを心配して、このドラマで共演する坂口健太郎に対して『二階堂に食べられませんように』『二階堂が来たら逃げてよ』などのコメントもあります。ここまで女性から敵視されると、もはやアッパレですよ」(前出・テレビ誌ライター)

 女性からの嫉妬の声など気にせず、二階堂には奔放な振る舞いで世間を騒がせてもらいたいものだ。

関連記事(外部サイト)