「モヤさま」後任アナ選び難航の理由はさまぁ〜ず三村のハラスメント癖が原因?

「モヤさま」後任アナ選び難航の理由はさまぁ〜ず三村のハラスメント癖が原因?

「モヤさま」後任アナ選び難航の理由はさまぁ〜ず三村のハラスメント癖が原因?

 さる8月17日にブログでレーシングドライバーの山本尚貴との結婚を発表したテレビ東京の狩野恵里アナ。妊娠はしておらず、11月にスタートする同局の経済ニュース番組のメインキャスターを務めることが決定するなど、引き続き仕事は継続する模様。

 しかし、その一方で、人気バラエティ番組「モヤモヤさまぁ〜ず2」の2代目アシスタントからの卒業が決定している。

 狩野アナは、大江麻理子アナの後任として、2013年4月より同番組の2代目アシスタントを務めてきた。

「大江アナ、狩野アナともに『モヤさま』への出演を機に、人気が急上昇したという経緯があるため、同番組はテレ東の女子アナにとって出世コース。3代目アシスタントを誰が射止めるのか、注目されています」(テレビ誌ライター)

 同局は9月6日に番組改編説明会を開催したが、その席で高野学編成局編成部長は「まだ人選中。差し控えさせてください」とコメント。さらに、高野編成部長は、「アナウンサーのことで恐縮ですが、大江アナ、狩野アナと取り上げていただき、ありがたい。注目度も高い、そういった話題性を、この後誰になるかも含めて対応していければと思っています。放送枠も変えずに臨む。そういう話題性でテコ入れをしていきたい」とも発言。

 テレビ情報誌ライターが3代目アシスタントの候補者を挙げる。

「推定Fカップでメガネ美人の鷲見玲奈アナ、北海道テレビを退職後、テレ東初の中途採用女子アナとして入社した西野志海アナ、新人の片淵茜アナを推す声があります。ただ、若手ではさまぁ〜ず・三村マサカズのハラスメントに耐えられないといった意見もあるようで、そうなるとハラスメント耐性のある松丸友紀アナしかいない」(前出・テレビ誌ライター)

 果たして、出世コースを勝ち取るのは誰だ? 

関連記事(外部サイト)