シャイア・ラブーフがスピルバーグ監督を「全盛期を過ぎた」「期待外れ」と批判

シャイア・ラブーフがスピルバーグ監督を「全盛期を過ぎた」「期待外れ」と批判

シャイア・ラブーフがスピルバーグ監督を「全盛期を過ぎた」「期待外れ」と批判

 シャイア・ラブーフがスティーブン・スピルバーグを批判するようなコメントをした。「ディスタービア」「トランスフォーマーズ」「イーグル・アイ」などスピルバーグの運営するドリームワークス製作映画やその親会社であるパラマウントによる「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」など、何本もスピルバーグ関連作に出演してきたシャイアだが、スピルバーグが全盛期を過ぎていたと感じ、期待外れだったのだという。

 シャイアはヴァラエティ誌に「僕にとってスピルバーグはゴールだった。ところがいざ会ってみたら、夢に描いていたスピルバーグではなかったんだよ。キャリアの異なるステージにいる違ったスピルバーグだったんだ。監督というよりは会社の社長だったのさ」と振り返る。

 シャイアはその当時の自分が俳優として身動きが取れないように感じていたそうで、「スピルバーグの撮影現場っていうのはすごく違うんだ。すべてが綿密に計画されているんだよ。37秒後にこのセリフを言わなきゃいけないとかね。そんなのを5年間もやっていると、自分の仕事が何なのかわからなくなってくるもんさ」と語った。

 スピルバーグと作った映画が嫌いだというシャイアだが、その中で唯一、「トランスフォーマー」だけは気に入っているという。しかし、「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」に関しては、世界中で8億万ドル(約811億円)近くものヒットになったにもかかわらず、不成功だったとして、「1年半も役作りをしたのに、公開されたら自分のせいにされるんだ。あれにはすごく傷ついたね」と続けた。

関連記事(外部サイト)