板東英二がユーチューバーになっていた!渾身のネタ動画もトホホな再生回数

板東英二がユーチューバーになるも、チャンネル登録数は500余りでネット上では酷評

記事まとめ

  • 板東英二がYouTubeにチャンネル登録して複数の動画を投稿し、ユーチューバーとなった
  • 板東が踊ったりする動画などだが、チャンネル登録数は500余りしかないという
  • ネット上でも「哀れすぎる」との評価や、生活の困窮を疑う声も出ている

板東英二がユーチューバーになっていた!渾身のネタ動画もトホホな再生回数

板東英二がユーチューバーになっていた!渾身のネタ動画もトホホな再生回数

板東英二がユーチューバーになっていた!渾身のネタ動画もトホホな再生回数

 所得隠し問題によって芸能界から追放された板東英二が、なにかと話題のユーチューバーになっていたことが明らかになった。

 坂東は9月4日、「B.E.(Boild Egg)」のチャンネル名でチャンネル登録。「『本能寺の変』踊ってみたんやけど」と「ゆでたまごに合う【キューピーマヨネーズ】グランプリ」という2本の動画をアップ。9月12日には「ゆでたまごに合う【シロップ】グランプリ」という動画をアップ、精力的に活動している。

「『本能寺の変』の動画はエグスプロージョンの踊る授業シリーズをそのまま真似したものです。坂東が学生服を着て本家と同じ建物の前で踊るとても凝ったものですが、なぜ坂東が踊るのか意味がわからずまったく面白くありません。ゆでたまごの動画も同様です。これで動画再生収入を期待しているのなら、坂東の神経を疑いたくなりますね」(ネットウォッチャー)

 ネット民の評判も散々で「哀れすぎて観ていて笑うどころか悲しくなった」「こんなことをしなければいけないほど困窮しているのかな」という意見が出ている。

「チャンネル登録数は500ちょいしかありません。いちばん視聴された動画は『本能寺の変』ですが、それもわずか5万回。本家のエグスプロージョンがチャンネル登録50万、視聴回数約5000万ですから、坂東がいかに少ないかわかります。高校野球で一大ブームを作り出し、プロ野球でも活躍。俳優として日本アカデミー賞最優秀助演男優賞まで受けた男の晩節としては、あまりに惨めですね」(週刊誌記者)

 板東の復活はまだまだ先になりそうだ。

関連記事(外部サイト)