坂口杏里ネタでテレビ出演、何でもベラベラの重盛さと美に「同じ穴のムジナ」の烙印

坂口杏里ネタでテレビ出演、何でもベラベラの重盛さと美に「同じ穴のムジナ」の烙印

坂口杏里ネタでテレビ出演、何でもベラベラの重盛さと美に「同じ穴のムジナ」の烙印

 艶系女優に転向する坂口杏里が以前所属していた事務所の先輩、重盛さと美が9月18日放送の情報バラエティ番組「上沼・高田のクギズケ!」(日本テレビ系)に出演。ここでの言動が「完全に後輩を売ってるだけ」と嫌悪感に包まれている。

 重盛は坂口の実際の借金額や金遣いの荒さなど、近い立場の人間だからわかる情報を明かした。

「一部で500万円ほどと報じられていた坂口の借金額について重盛は『そんなんじゃない』と、それ以上に多いことを説明。新宿での目撃情報が絶えなかった坂口ですが、一晩で30万円〜50万円も使ったなど、金遣いの荒さも明らかになりました。特に今年3月過ぎに事務所にまで借金の取り立てがきていたことは衝撃的でした」(エンタメ誌ライター)

 しかし、今回ネット上で非難の的となっているのは坂口ではなく、坂口情報をつまびらかにしてしまった重盛のほうだった。

 重盛は坂口について「事務所の後輩で唯一連絡をとっている」と非常に親しかったと語り、その借金事情を知った重盛は自身のマネージャーに「助けよう」と相談したという。ところがマネージャーからは「重盛が助けられるような金額ではない」と言われてしまったとのこと。

 だが、救いの手を差し伸べようとしたのが事実だとしたら、重盛のテレビパフォーマンスはそれに反していると視聴者は眉をしかめたようだ。ネット上では「仲が良かった後輩の知られたくない情報をこんなにベラベラしゃべる人っている?」「後輩を売ってまでテレビに出たいんだな」「人間のクズはこっち」「この日のギャラは坂口にあげるの?まさかね(笑)」など、重盛に対する批判的なコメントであふれかえった。

「坂口をよく知る人物として重盛は呼ばれたわけですが、しゃべるという条件で出演が実現したわけでしょうから、なんとも信用できない女ですね。少し坂口が気の毒になりましたし、視聴者が『絶対に助ける気なかっただろ』とツッコむのも当然です」(前出・エンタメ誌ライター)

 カネのためなら何だって売る。坂口も重盛も同じ穴のムジナというわけだ。

(本多ヒロシ)

関連記事(外部サイト)