「24」ジャック・バウアー俳優が散歩中に銃を突き付けられた経験を告白

「24」ジャック・バウアー俳優が散歩中に銃を突き付けられた経験を告白

「24」ジャック・バウアー俳優が散歩中に銃を突き付けられた経験を告白

 キーファー・サザーランドは銃を突き付けられた経験があるそうだ。

 キーファーはUsウィークリー誌に「11年くらい前に犬の散歩中、2人の男に銃を突き付けられたんだ。地面に倒されて、ここで死んだらたまんないなって思ったね」「その男たちに言った唯一の言葉は『お願いだから犬は撃たないでくれ』ってことだったよ」と当時を振り返った。

 人気ドラマ「24 TWENTY FOUR 」では屈強な男ジャック・バウアー役を演じていたキーファーだが、現実世界ではあんな強さはまったくないと認め、「ジャック・バウアーを演じるのは大好きだったけど、あれは僕じゃないからね。僕はあんなにタフじゃないよ」と答えている。とはいえ、自分の命より犬の命を優先したのは、ジャックさながらの勇敢さだ。

 最近ではミュージシャンとしての顔を持つキーファーだが、若い頃は音楽への情熱を追いかけられるほど自信がなかったそうで、「最近『ダウン・イン・ア・ホール』っていうアルバムを作ったんだ。持っていた15〜20曲くらいの中から2、3曲ピックアップして始めたんだけど、そこから友人に連絡して『この曲をレコーディングしたいんだけど助けてくれる?』って聞いたのさ」「俳優が音楽をやるっていうのは悪いイメージがつきまとうだろ。25歳の頃にはアルバムを作ろうなんて考えもしなかったね。臆病過ぎたよ」「曲作りは浄化作用があるから、物事を広い視野で見るのに役立つんだ」と語っている。

関連記事(外部サイト)