2016年入社新人女子アナが見せてしまったあられもない姿のすべて!

2016年入社新人女子アナが見せてしまったあられもない姿のすべて!

2016年入社新人女子アナが見せてしまったあられもない姿のすべて!

 テレビ各局がイベントを行う夏は、女子アナファン待望のシーズン。薄着になった彼女たちが、テレビでは見られない艶っぽい姿を見せてくれるからだ。特に今年入社したばかりの新人アナは、イベント慣れしていないこともあって、女子アナファンの目をおおいに楽しませてくれる。

 スラリとしたナマ足をモロ出しにしてしまったのはフジテレビの新人・鈴木唯アナ。小動物のような愛らしいルックスと、モデルのようなボティの持ち主で注目の女子アナだ。彼女はフジテレビ夏の恒例となった「お台場・みんなの夢大陸」で「ミストマンあさライブ」の司会として登場。ステージで動くたびに、着衣の裾がふわりと浮き上がり、脚の付け根近くまで披露してしまったのだ。これには観客も大喜び。真っ白なナマ足に目が釘付けになったそうだ。

 日テレの新人・佐藤真知子アナは準ミス東京女子大学に輝いた正統派の美人。「超☆汐留パラダイス」の「アナパラ」に登場すると、衣装の下に着たキャミソールのヒモをチラリ。目撃した人も「真っ白なヒモは清純なイメージの彼女にぴったりで、とても興奮しました」と喜びを爆発させた。

 10月4日発売の「アサ芸シークレットVol.42」では、これら新人女子アナのハプニングに加えて、永島優美(フジ)や田中萌(テレ朝)、尾崎里紗(日テレ)らの禁断ショットを多数公開。彼女たちのあられもない姿を見て、暑かった今年の夏を思い返していただきたい。

関連記事(外部サイト)