カンニング竹山、ベッキーの裏番組出演に「一番ゲス!」と事務所を猛批判

カンニング竹山、ベッキーの裏番組出演に「一番ゲス!」と事務所を猛批判

カンニング竹山、ベッキーの裏番組出演に「一番ゲス!」と事務所を猛批判

 お笑い芸人のカンニング竹山が、10月9日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)に生出演。その中で、同日同時間帯に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演したベッキーに対し不満を漏らす一幕があった。

 それは、ベッキーと不貞関係にあった「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音と、その恋人とされるタレントのほのかりんが、一緒に飲酒していた件。ほのかは未成年のため、川谷が活動の休止を発表した話題に及んだときだった。

 川谷に対してコメントした竹山に、女医でタレントの西川史子が「裏(番組)にベッキーが出ているって、おかしくないですか?」と発言。ベッキーと同じサンミュージックに所属する竹山に疑問を投げかけたのだ。

 すると竹山は、「一番ゲスなのはサンミュージック」と堂々の事務所批判。続いて「俺だってサンミュージックの稽古場で昨日知ったよ。びっくりした」と、キレ気味に語った。さらに、「(ベッキーの謹慎中、事務所が)辛い時、頑張ったのオレだぞ!」と、怒り心頭といった様子だった。

「この怒りは当然」と芸能ジャーナリストも竹山を擁護する。

「『サンジャポ』には竹山やメイプル超合金のカズレーザーがコメンテーターとして呼ばれています。それなのに、事務所が裏番組にベッキーを出演させたことが許せなかったのでしょう。恩義に熱い竹山らしい“怒り”です」

 ベッキーを地上波で出演させてくれるならどこでも‥‥という事務所の焦りはわからなくもないが、他のタレントをないがしろにするのは、いかがなものだろうか?

関連記事(外部サイト)