ベッキー出演を機に「ワイドナショー」が醜聞タレントの駆け込み寺になる?

ベッキー出演を機に「ワイドナショー」が醜聞タレントの駆け込み寺になる?

ベッキー出演を機に「ワイドナショー」が醜聞タレントの駆け込み寺になる?

 10月9日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演したベッキー。元交際相手の「ゲスの極み乙女。」川谷絵音が、未成年の新恋人・ほのかりんとの飲酒で活動休止となったことについて、「1月に私との騒動があって、世間の皆様から厳しい声を私も川谷さんもいただいて。世間の厳しい目がある中でこういった行動を取ってしまったということは、未然に防げたものだったのではないかと思います」とコメントした。

 番組は、「ゲス不貞」に触れながらも、終始和やかに進行していたという。

「MCの松本人志や東野幸治のツッコミにも真摯に答え、ベッキー自身が反省していることがよく伝わりました。この番組への出演をきっかけに、バラエティ番組に本格的に復帰していくのではないでしょうか」(放送作家)

「ワイドナショー」といえば、裏番組「サンデー・ジャポン」(TBS系)との熾烈な視聴率争いを繰り広げている真っ最中である。

「9日の『サンデー・ジャポン』でも『ワイドナショー』にベッキーが出演している話題がたびたび上がり、そのたびに出演していた同じ事務所に所属するカンニング竹山に対して、『お前ではなく、なんでベッキーを呼ばなかったんだ』とのツッコミが入り、竹山がキレる場面もありました」(番組関係者)

 芸能界関係者はベッキーの出演についてこう語る。

「この番組を観ていた業界関係者は、これでベッキーのミソギも終わったと思ったはず。これから『ワイドナショー』は、大物タレントの復帰に一役買う番組になっていく可能性がありますね」(芸能プロダクション関係者)

 今回は、なんとしても視聴率が欲しいフジテレビと、裏番組の竹山を無視してでも地上波に出演したかったベッキーサイドの利害がみごとに一致したようだ。

関連記事(外部サイト)