紅蘭に“ポジティブ力”を身につけさせた父・草刈正雄のユニークな教育とは?

紅蘭に“ポジティブ力”を身につけさせた父・草刈正雄のユニークな教育とは?

紅蘭に“ポジティブ力”を身につけさせた父・草刈正雄のユニークな教育とは?

 10月4日放送の「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)にゲストとして出演した紅蘭。俳優・草刈正雄の娘として知られているが、そんな父のユニークな言動について告白した。

「紅蘭は草刈に、急に何かに指差して『これの気持ちになって表現しろ』と言われることがあると語っていました。例えばティッシュを投げられたらティッシュになりきって、音楽、ダンス、お芝居、何でもいいからティッシュを表現することを求められるのだそうです。これは演劇でいうところのインプロビゼーション(即興演劇)といって、台本や打ち合わせがなく、その瞬間に起こったことをその場で表現する、演劇のワークショップなどで行われたりする練習方法です」(女性誌記者)

 実はこのインプロビゼーション、近年ではポジティブな思考力、コミュニケーション力、表現力、プレゼンテーション力、自発的に動く力などの育成によいと、学校教育や社員教育の場でも活用されているという。

 少々ぶっとんではいるものの、ポジティブでコミュニケーション力にも表現力にも長けた紅蘭の魅力は、草刈の教育の賜物ということなのかもしれない。

(伊藤その子)

関連記事(外部サイト)