佐々木希 最新写真集「かくしごと」で見せた“プライベートの充実”と“女優への本気度”

佐々木希 最新写真集「かくしごと」で見せた“プライベートの充実”と“女優への本気度”

佐々木希 最新写真集「かくしごと」で見せた“プライベートの充実”と“女優への本気度”

 9月26日に発売された佐々木希(28)の最新写真集「かくしごと」(講談社)がスゴイ。今まで見たこともない露わな姿が飛び出し、まさに過去最大の脱ぎっぷり。艷路線まっしぐらの理由とは──。

 上下とも純白のアンダーウェアだけを身に着けた佐々木が薄手のカーテンにくるまっている。はにかんだ笑顔のすぐ下で、何とも柔らかそうな胸の谷間がポニョンとお目見え。窓からの陽光でスケスケのカーテン越しに、小さなリボンのついたセクシーレースのパンティが、「見せパン」では醸し出せない生々しさを強烈にアピールしている──。

 本人も発売イベントで「本当に恥ずかしかったです」と赤面したこの写真集は、「彼氏との2泊3日の旅行」がテーマ。発売されるやいなや、ネット上でも「エロい!」と絶賛の声が飛び交った。

 さらなる「生つばシーン」に迫ろう。ホテルのベッドに、薄い青のランジェリー姿で横たわる佐々木。真横から撮られたカットでは、ヒップから太腿への滑らかなラインが堪能できる。極め付きは、ブラジャーを外してベッドに座り込んだ1枚。Tバックが食い込む桃尻と、お椀形の横チチをダブルで披露しているのだ。グラビア誌編集者も驚きを隠さない。

「入浴シーンのバックショットはお尻の割れ目に数センチまで迫っているし、手ブラもあります。ベッド上で見せる上気したピンク顔なんて、ほとんど『温泉旅行のセックス後』ですよ。ここまでやるとは‥‥」

 佐々木は7月に開始した自身のインスタグラムでも、ミニスカ美脚をさらした婦警やメイドのコスプレ写真を投稿し、「エロ売り」を完全解禁している。

 所属事務所に近い関係者は「ここ数年の心境の変化がこの大胆露出につながった」と明かす。

「彼女は事務所と話し合い、数年前から仕事をモデルと女優にしぼっている。デビュー以降、ドラマに出るたび、『セリフが棒読みだ』『大根役者』と演技力を批判されてきましたが、本人は忸怩たる思いがある。『かわいいだけ』という扱いから脱却したいんです」

 そんな思いから、13年には映画「風俗行ったら人生変わったwww」でデリヘル嬢を演じているが、露出度は低く、やはり脱ぎ惜しみが指摘された。さらに、

「この秋のドラマ『THE LAST COP』(TBS系)に久しぶりにレギュラー出演していますが、ここ最近は連ドラでもゲスト出演ばかりで、映画も話題作や大作は皆無。『佐々木は数字を持っていない』というのが、ドラマ関係者の共通認識なんです」(ワイドショーデスク)

 そんな評価を覆すべく、反骨心から「オトナへの脱皮」を試みたのが、今回の写真集だったのだ。

 こうして仕事に全力を注げる理由の一端には、プライベートの充実がある。写真集のイベントでは、アンジャッシュ・渡部建(44)との交際について「ホントの隠しごとは言えません」とトボケていたが、

「芸能界有数の食通の渡部が、密会してもバレにくい隠れが的な店をかなり知っており、極秘デートを重ねている。バラエティなどで渡部が交際を否定し、あえてネタにしているのもカモフラージュでしょう」(前出・ワイドショーデスク)

「数字の取れる女優」に変身すべく、ドラマと映画でも写真集のような挑戦を期待したい。

関連記事(外部サイト)