ハリソン・フォード骨折で「スター・ウォーズ」製作会社に2億円の罰金

ハリソン・フォード骨折で「スター・ウォーズ」製作会社に2億円の罰金

ハリソン・フォード骨折で「スター・ウォーズ」製作会社に2億円の罰金

 ハリソン・フォード(74)が骨折した件において、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の製作会社に160万ドル(約2億円)の罰金が科せられた。イギリスのパインウッドスタジオで行われていた撮影にハン・ソロ役として参加していたハリソンは、宇宙船ミレニアム・ファルコン号の扉の不具合で足を骨折していた。

 製作会社のフードルズ・プロダクションズは7月、安全注意義務を怠った2件において罪を認めており、今回は裁判所から巨額の罰金の支払いを命じられた。

 衛生安全委員会事務局のティム・ギャロウェイ氏は、「この件は、予測し防ぐことのできたことであり、さらに深刻な怪我や死を招く可能性もありました。あの扉があのような威力とスピードの状態であれば、扉が閉まる際にフォード氏もしくは他の誰かの頭が挟まり、容易に死者を出す可能性もあったでしょう。小道具スタッフが緊急停止ボタンを押した瞬時の対応のみが、フォード氏が床にさらに押し付けられるのを防いだといっても過言ではありません」と声明を出している。

 ハリソンは以前、この事故について「今は製作費も技術もあるから、ものすごいスピードで閉まるようなものすごい水圧式のドアを作ったんだよ。それで誰かが『うわぁ、これなんだろう?』なんて言ってたらドアが下がってきて、右に振り返ろうとしていた僕の左の尻に当たったのさ。それで左足が飛び上がって、足首が外れて僕が床に倒れ込んだところでミレニアム・ファルコンの入り口の台のところに足が当たって、左足の両方の骨を折ってしまったってわけさ」と説明していた。

関連記事(外部サイト)