新垣結衣の良さを消した!?主演ドラマの「情熱大陸ネタ」が“二番煎じ”と酷評

新垣結衣の良さを消した!?主演ドラマの「情熱大陸ネタ」が“二番煎じ”と酷評

新垣結衣の良さを消した!?主演ドラマの「情熱大陸ネタ」が“二番煎じ”と酷評

 10月11日スタートのドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)が初回放送で視聴率10.2%の好発進。ヒロインの新垣結衣が可愛いと評判の一方で、ある演出が話題になっている。しかも同様の演出が、放送中のドラマ「黒い十人の女」(フジテレビ系)でも使われていたというのだ。テレビ誌のライターが説明する。

「どちらのドラマでも『情熱大陸』(TBS系)のパロディを取り入れていたのです。『逃げるは〜』のほうはオープニングに続いて劇中でも同じようなパロディ演出を被せており、くどさを感じましたね。しかも放送日は『黒い十人の女』のほうが早かったため、視聴者からは『この演出もう見たよ!』とのツッコミすら出る始末。先に情熱大陸ネタを使われてしまった制作陣は、さぞや冷や汗をかいたことでしょう」

 ちなみに「逃げるは〜」のほうは忠実に情熱大陸ネタを再現。同じTBSの番組ゆえ完全にパクっても問題がなかったのかもしれない。だが『黒い十人の女』が先に同ネタを使ったことで、あとから放送された「逃げるは〜」がそのアイデアをパクったように見えてしまったのである。

「本作では新垣の可愛らしさと星野源の達者な演技が軸となるべきで、手堅い演出が求められるはず。それなのに初回放送では情熱大陸ネタばかりが目立ってしまい、視聴者の興味が散漫になってしまった面は否めないでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 新垣に関しては、放送中に1万回も「ガッキーかわいい」とツイートされたことも話題になった。それほど強力なヒロインの魅力をパロディでスポイルしてしまった制作陣には、猛省が求められそうだ。

(白根麻子)

関連記事(外部サイト)