人気アイドルが「偽未成年飲酒」ツイッター効果でライブ完売に成功!?

人気アイドルが「偽未成年飲酒」ツイッター効果でライブ完売に成功!?

人気アイドルが「偽未成年飲酒」ツイッター効果でライブ完売に成功!?

 またもや未成年アイドルが飲酒騒ぎに巻き込まれたのか? 人気急上昇中の2人組アイドル「生ハムと焼うどん」のメンバーによるツイートが、未成年飲酒の現場写真だとして炎上騒ぎに発展。10月21日に予定するワンマンライブが中止になるのではと大騒ぎになった。そのてんまつをアイドル誌のライターが苦笑いしながら説明する。

「10月14日未明の当該ツイートではメンバーの東理紗がビール風の飲み物を手に、男性と一緒にいる姿を『かんぱーい #記念日』とのメッセージとともに投稿。その直後に『なんかTwitter故障してる?』と、アカウントが乗っ取られたことを匂わせていました。ツイート直後にはネット民から彼氏発覚と未成年飲酒で『終了認定』されていましたが、実際には子供用の偽ビールを男装した女性スタイリストと飲んでいただけ。翌日にはお詫びツイートも投稿されましたが、ちょっと時期が悪かったようですね」

 なにしろ前の週には、ボーカル・川谷絵音と未成年タレントとの飲酒が発覚し、「ゲスの極み乙女。」が活動自粛を余儀なくされたばかり。しかもアイドルの飲酒や喫煙がSNSからバレてしまう例も少なくないため、今回もあっという間に炎上騒ぎにつながったようだ。だが前出のアイドル誌ライターは、むしろネット民こそが彼女たちの術中にハマったと指摘する。

「この『生ハムと焼うどん』は高校を卒業したばかりの2人組で、事務所に所属していない自給自足アイドル。今回のネタ投稿は、3000人規模のワンマンライブをソールドアウトさせるために仕込んだものです。しかも炎上が功を奏したのか3日後には指定席が完売。大人たちが19歳のアイドルにしてやられた形で、ある意味痛快ですね」

 その東はネタばらしをした後に「彼氏もいねぇよ……なんて虚しい台詞」とツイート。でも彼女たちには3000人の観客という心強い味方がついているようだ。

(金田麻有)

関連記事(外部サイト)