山田涼介「月9」が大爆死!フジ全ドラマが初回1ケタ視聴率の歴史的非常事態

山田涼介主演『カインとアベル』初回視聴率が8.8% 福士蒼汰の『恋仲』を下回る

記事まとめ

  • Hey!Say!JUMP山田涼介が主演のフジ月9『カインとアベル』初回視聴率が8.8%だった
  • 福士蒼汰主演の『恋仲』も初回1ケタで9.8%だったが『カインとアベル』はそれを下回る
  • 日テレの石原さとみ、TBSの新垣結衣、織田裕二らのドラマは2ケタ視聴率を記録している

山田涼介「月9」が大爆死!フジ全ドラマが初回1ケタ視聴率の歴史的非常事態

山田涼介「月9」が大爆死!フジ全ドラマが初回1ケタ視聴率の歴史的非常事態

山田涼介「月9」が大爆死!フジ全ドラマが初回1ケタ視聴率の歴史的非常事態

 10月17日に放送された月9ドラマ「カインとアベル」(フジテレビ系)第1話の視聴率が、8.8%だったことがわかった。この初回視聴率は、歴代月9ドラマの中で最低の記録だという。

「月9といえば2ケタ視聴率が当たり前でしたが、その中でも唯一、初回1ケタを記録していたのが、昨年放送された福士蒼汰主演の『恋仲』でした。しかし『カインとアベル』は、その『恋仲』の9.8%をさらに下回り、8%台を記録。このままだと、全体を通してワーストだった福山雅治主演の『ラヴソング』の記録も塗り替えてしまう可能性があります」(テレビ誌記者)

「カインとアベル」は、恋愛を前面に押し出さず、旧約聖書を原案としたヒューマンラブストーリーとなっている。またHey!Say!JUMP・山田涼介が、2008年の「古畑中学生」以来、フジドラマに主演するとあって注目されたが、結果は非常に厳しいスタートとなった。

 そんななか、今期はフジだけが全ドラマ初回1ケタの瀕死状態だという。

「今期、2ケタ視聴率を記録しているドラマは、日本テレビの石原さとみ主演『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』、TBSの新垣結衣主演『逃げるは恥だが役に立つ』や織田裕二主演『IQ246』、テレビ朝日は『ドクターX』や『相棒』などがあります。しかしフジに至っては、初回からすべてのドラマが1ケタと、歴史的な低迷状態にある。また放送後、フジドラマを観た視聴者の評価も高くないため、今後さらに悲惨な数字となる可能性があるでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 一部報道では昨今の惨状に、俳優たちからドラマ出演が避けられているとも伝えられたフジ。はたして今後、フジのドラマに未来はあるのだろうか。

(森嶋時生)

関連記事(外部サイト)