『シン・ゴジラ』がアメリカで公開も不評 石原さとみの稚拙な英語に気が散るとの声も

記事まとめ

  • 『シン・ゴジラ』がアメリカで公開されたが、ファンの反応は日本ほど芳しくないという
  • 数ある批判の中でも特に多いのが、日系アメリカ人を演じた石原さとみの「ルー英語」
  • 「ルー大柴のようにしゃべる英語で日本人にすら不評だったので当然のこと」との指摘も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております