テレビから消えた一発屋芸人たちは今?(8)8.6秒バズーカーは反日疑惑で干されDJ転身

「ラッスンゴレライ」のリズムネタで人気となった8.6秒バズーカー、反日疑惑でDJ転身

記事まとめ

  • 2014年に「ラッスンゴレライ」のリズムネタで大人気となった8.6秒バズーカー
  • コンビ名にある8.6は8月6日の広島に原爆が落とされた日を意味するなど反日疑惑が浮上
  • このウワサが飛び交ってからネットは炎上する騒ぎとなりテレビ局からのオファーも激減

テレビから消えた一発屋芸人たちは今?(8)8.6秒バズーカーは反日疑惑で干されDJ転身

テレビから消えた一発屋芸人たちは今?(8)8.6秒バズーカーは反日疑惑で干されDJ転身

テレビから消えた一発屋芸人たちは今?(8)8.6秒バズーカーは反日疑惑で干されDJ転身

 一発屋芸人の中でも、2014年に「ラッスンゴレライ」のリズムネタで大人気となったお笑いコンビ、8.6秒バズーカーは視聴者の記憶に新しいことだろう。

 一時期はテレビに引っ張りだことなったものの、アドリブが利かずにスベりまくり、瞬く間に消えてしまった。

 8.6秒バズーカーが消えた理由は彼らの実力不足だけではないと、テレビ局員が語る。

「ブレイク時の彼らに反日疑惑が持ち上がったんです。コンビ名前にある8.6は8月6日の広島に原爆が落とされたの日を意味し、また決めポーズも広島にある原爆の子の像に似ているとウワサされました。その他にも、ネタの中にある『チョトマテ、チョトマテお兄さん』というフレーズと、爆撃機の名前が酷似していることなどもあげられました。どれも根拠のないものですが、ここまでピッタリ一致してしまうと、言い逃れはできなかったようです」

 このウワサが飛び交ってから、ネットは炎上する騒ぎとなり、テレビ局からのオファーも激減。2人をテレビで見かけることは少なくなった。

 現在は、リズムネタで培ったセンスを生かし、DJとしても活動の場を広げているという8.6秒バズーカー。2017年、名誉挽回のチャンスは来るのだろうか。

関連記事(外部サイト)