天才テリー伊藤対談「天木じゅん」(2)お姉ちゃんなのに仕事のライバル!?

天才テリー伊藤対談「天木じゅん」(2)お姉ちゃんなのに仕事のライバル!?

天才テリー伊藤対談「天木じゅん」(2)お姉ちゃんなのに仕事のライバル!?

テリー 出身はどこ?

天木 兵庫県伊丹市です。

テリー 伊丹のご家族も、今の活躍を喜んでくれているでしょう。

天木 はい。テレビに出ると、いつも「観たよ」と連絡をくれます。最初、お父さんはすごく反対していたんですけど。

テリー それはまた、どうして?

天木 お父さんは高校の体育の先生なんです。ふだん生徒や部員に「真面目にやりなさい」と怒っている立場ですから、娘の私がそんな仕事をしていたら、示しがつかないみたいな気持ちがあったんだと思います。

テリー なるほどね、体育の先生って、確かにそういう厳しい立場だものなァ。

天木 しかも私、アイドルになるために高校2年の終わりに通信制の高校に転校して上京したんですけど、「何もそこまでしなくてもいいだろう」と言われて。

テリー 「高校ぐらい普通に出てくれないと、俺の立場がないじゃないか!」っていうね。

天木 ホント、そんな感じでした(笑)。あと、グラビアを始めたらヌードになるんじゃないかと心配だったみたいで、よく「脱いでへんやろな?」ってメールが来ました(笑)。

テリー 転校しただけでうるさいんだから、そりゃそう言うに決まってるよ。

天木 でも、最近は体育教官室のテレビで、録画した私が出ている番組を生徒のみんなと一緒に観たり、写真集を持ってきた生徒にサインをねだられたりして、けっこう人気者になったみたいです。

テリー そりゃよかった。お父さんも教育者としてずっと生きてきたけど、娘の進路を見て「こういう人生の捉え方もあるんだな」って、気づいたんだろうね。いいことしたんじゃないかな。お母さんの反応は、どうだったの?

天木 お母さんは最初から「やりたいことをやればいい」と応援してくれていて、お父さんも説得してくれました。あと、4歳上のお姉ちゃんが先にアイドルになったので、その安心感もあって上京も反対されませんでした。

テリー あ、お姉ちゃんもアイドルなんだ?

天木 「仮面ライダーGIRLS」というアイドルユニットのメンバー、黒田絢子です。

テリー へえ、いろんなアイドルがいるんだね。ちなみに、お母さんやお姉ちゃんもオッパイ大きいの?

天木 お母さんは大きいんですけど、お姉ちゃんは人並みです(笑)。

テリー じゃあ、お姉ちゃんに憧れてアイドルになりたかったところもある?

天木 そうですね。AKB48さんも好きだったんですけど、やっぱりお姉ちゃんに憧れたところが大きいですね。

テリー 同じアイドル同士、お姉ちゃんとはどんな関係なの。

天木 実は一時期、私が勝手にお姉ちゃんをライバル視してモメたりしていたんですよ。やっぱり同じアイドルだから、競争相手と思っていたので。

テリー おいおい、同じ家族なのに厳しいな。

天木 でも、今は「一緒に頑張ろうね」という気持ちになっていますので。最近、初めて一緒にグラビア撮影をしたんですよ。

テリー お姉ちゃん、どんな顔してるのかな?(と、スマホで写真を見る)おっ、じゅんちゃんより、お姉さんのほうが品があるじゃない(笑)。こっちのほうが断然好みだな!

天木 ひどい、そんなこと、目の前でハッキリ言わないでくださいよ(笑)。

関連記事(外部サイト)