木村拓哉が今になってあの「同級生」と共演を果たした深いワケとは?

木村拓哉が今になってあの「同級生」と共演を果たした深いワケとは?

木村拓哉が今になってあの「同級生」と共演を果たした深いワケとは?

 元SMAPの木村拓哉がマツコ・デラックスと共演を果たした。

 2人はかねてから高校の同級生として知られており、ファンの間では共演が期待されていた。

 そしてついに4月27日と5月4日、テレビ朝日系で放送されたマツコの冠番組「夜の巷を徘徊する」で2週にわたって共演したのだ。

 番組では、2人が六本木や浅草を徘徊。マツコが、今年の元旦に木村から「今年はやるぞ!」というメールが届いたエピソードを明かすなど、終始なごやかな雰囲気となった。

 とはいえ、これまで共演を避けてきたフシもある2人が、なぜこのタイミングで初遭遇を果たしたのか。

 スポーツ紙の芸能デスクは語る。

「ジャニーズ事務所サイドは基本的に所属タレントの“過去”に敏感ですからね。しかもブレーク当時のマツコさんは、ジャニーズからしたらキワモノに近い存在で、人気俳優の木村さんサイドにとって共演のデメリットはあっても、メリットはないと考えていたんでしょう。ところが、木村さんはSMAPの解散騒動でイメージが失墜。好感度アップのため、人気者のマツコさんとの共演にゴーサインを出したのでしょう」

 今やすっかり立場が逆転した感もある2人だが、はたして木村に“同級生効果”は現れるだろうか。

(しおさわ かつつね)

関連記事(外部サイト)