女性に突然叫ばれて…やくみつるが「痴漢を疑われた過去」を告白

やくみつる氏が痴漢を疑われた過去を告白 「早く立ち去りたい気持ちはわかる」

記事まとめ

  • やくみつる氏がラジオ番組「垣花正あなたとハッピー!」で痴漢を疑われた過去を告白
  • 東急田園都市線で痴漢疑いの男性がはねられ死亡した出来事を番組で取り上げた
  • やく氏は痴漢を疑われた過去を告白し「早く立ち去りたい気持ちはわかる」と話した

女性に突然叫ばれて…やくみつるが「痴漢を疑われた過去」を告白

女性に突然叫ばれて…やくみつるが「痴漢を疑われた過去」を告白

女性に突然叫ばれて…やくみつるが「痴漢を疑われた過去」を告白

 5月16日のラジオ番組「垣花正あなたとハッピー!」(ニッポン放送)のゲスト・コメンテーターとして出演した漫画家のやくみつるが、満員電車で痴漢を疑われた過去を告白した。

 番組では、まず、この日のニュースの話題として、前日の夜、横浜市の東急田園都市線青葉台駅で痴漢を疑われた30代の男性がホームから線路内に飛び降り、電車にはねられて死亡したという出来事を取り上げた。男性は電車内で女性に痴漢をした疑いをかけられ、目撃者の男性と青葉台駅で降り、駆けつけた駅員が話を聞いていたところ、突然腕を振り払って、線路に飛び降りたという。

 このニュースに関連して、やく氏が突然、20年前のことをこんなふうに話し出した。

「満員電車で立っていたら、近くにいた女性がずっと自分のことを見ていた。当時は、テレビに出始めたころで、自分のことを知っているのかなと思って、こちらも見返した。駅について降りようとしたとき、その女性が『何をするんですか!?』と自分に向かって叫んでいる。コッチは何もしていない。だから、『やってねーよ』と捨てゼリフを吐いて降り、その場を去ったのですが。その場から一刻も早く立ち去りたいという気持ちはわかります」

 その後、しばらく怖くて電車に乗れず、たまに乗車しても、手はバンザイの状態だったという。

 もし、そのとき、かの女性が追ってきて腕をつかんだり、ほかの乗客が加勢して駅の事務室に連れていかれたら、現在の「クイズ王・やくみつる」はなかったかもしれない…。

関連記事(外部サイト)