矢口真里がドッキリで“マジ喧嘩”放送事故!過去にはあの芸能人にブチギレも

矢口真里がドッキリで“マジ喧嘩”放送事故!過去にはあの芸能人にブチギレも

矢口真里がドッキリで“マジ喧嘩”放送事故!過去にはあの芸能人にブチギレも

 5月17日に放送されたバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)に、タレントの矢口真里が出演した。同番組にて放送された、矢口へのドッキリ企画が大きな反響を呼んでいる。

「番組では、『説教くらった後にカラオケで「恋のダンスサイト」を歌われても、さすがに「セクシービーム」入れづらい説』という企画で、矢口がモーニング娘。時代のフレーズをどんな状況でも叫ぶかという検証が行われました。そして仕掛け人の遠野なぎこは、予定通りに説教を始めたのですが、矢口は『なんでそんなこと言われなきゃいけないんですか?』『私だって(仕事を)やりたくてやってるわけじゃないですよ!』と怒りで声を震わせ号泣するという予想外の展開となったのです」(テレビ誌記者)

 スタッフも予想していなかったこの矢口のマジギレに、VTRでは途中「テレビではお見せできない」とのテロップが表示され、早送り編集で音声がカットされる事態となった。

 そして最終的にネタバラシで、矢口と遠野は和解したものの、視聴者からは「ここ10年のバラエティで最大の衝撃作」「ノーカットで見たい」「この企画は悪趣味だ」といった賛否が飛び交うこととなっている。

 そんな矢口といえば、昨年は生放送で怒りを露わにしたことがあったという。

「昨年放送された『矢口真里の火曜TheNIGHT』(AbemaTV)にて、タレントの野呂佳代がゲスト出演した時のことです。野呂は矢口に『(不貞問題があったにもかかわらず)なんの思いが強くてこんな図々しくやっていけてるのか?』と追及。すると矢口は『ぜってーバカにしてんだけど! 私そういう態度で来られると、ちょっとキレそうになるからやめて』と口論になり、スタジオをピリつかせました」(前出・テレビ誌記者)

 過去、不貞騒動によって世間から大バッシングを受けた矢口。その後、休業を経て復帰できたのも、そんな気の強さがあったからなのかもしれない。

関連記事(外部サイト)