終了まで約10時間!SMAPが超ロング握手会をしていた時代があった

終了まで約10時間!SMAPが超ロング握手会をしていた時代があった

終了まで約10時間!SMAPが超ロング握手会をしていた時代があった

 2016年の大みそかで解散したSMAP。彼らは数多くの記録を持っており、02年のライブツアーでは驚異の115万人を動員。2010年には、日本人史上初のコンサート通算観客動員数1000万人を突破している。しかし、かつては、AKBグループも真っ青の長時間握手会を経験していた。取材歴が長い芸能レポーターに話を聞いた。

「今も語り継がれているのは、1993年9月15日の横浜アリーナでしょう。最大1万7000人も入る横アリに5万人も集まったんです。テレビ出演が少なかったあのころにこの数字は奇跡でした。メンバーは、『こんなにお客さんが来てくれるなんて予想外でした』『握手する手が震えていました』と初々しいコメントをしています。たしか、朝8時に開場して夜10時ごろまで終わりませんでした」

 もちろんこれは、SMAP史上最長だ。その後の快進撃は周知のとおりだが、スゴいのは、国民的アイドルになったあとも、原点である握手会を忘れていない点だ。先の芸能レポーターは続ける。

「デビューイベントを開催した西武園ゆうえんちで、20年後の同じ日に、1万人の限定握手会を行なっているんです。予定終了時間を2時間半もオーバーするなか、最後までやりきりました。また、東日本大震災の被災地である岩手・山田町でNHKの長寿番組“のど自慢”を収録した際も、サプライズで開演前の会場に5人が並んで、訪れた600人の観客全員と握手しています。メンバーの発案だったそうです」

 デビュー25周年となった昨年9月は解散が決定していたため、イベントはゼロ。飛ぶ鳥跡を濁しまくった終焉だったが、SMAPにもかつてはハングリー精神があったのだ。

(北村ともこ)

関連記事(外部サイト)