過去のイジメが原因?波瑠が「あなたのことはそれほど」の主演を嫌悪する理由

波瑠が『あなたのことはそれほど』主人公を嫌悪するのは過去のイジメが原因か

記事まとめ

  • 波瑠が『あなたのことはそれほど』で自分が演じる主役に共感できないとブログに綴った
  • 波瑠が主人公のキャラクターを嫌悪するのは、自身のイジメ体験が理由だという
  • 波瑠が学生時代に辛いイジメを受けていたと、週刊文春で友人がインタビューに答えた

過去のイジメが原因?波瑠が「あなたのことはそれほど」の主演を嫌悪する理由

過去のイジメが原因?波瑠が「あなたのことはそれほど」の主演を嫌悪する理由

過去のイジメが原因?波瑠が「あなたのことはそれほど」の主演を嫌悪する理由

 5月16日に放送されたテレビドラマ「あなたのことはそれほど」(TBS系)第5話の視聴率が、9.8%だったことがわかった。同ドラマの視聴率は安定しているという。

「視聴率11.1%を記録した初回から、2話以降は1ケタ台に下降したものの、4週連続で9%台と安定しています。同ドラマは主人公演じる波瑠の不貞を描いた物語ですが、前回から夫役・東出昌大の反撃が始まり、視聴者の関心は上昇。そして今後も、ドロドロな展開が増加していくため、後半パートは2ケタに戻る可能性もあるでしょう」(テレビ誌記者)

 今回、ドラマで主演を務める波瑠といえば先日、ドラマの役柄に対する視聴者からの不評に「私は美都(ドラマの主人公)には共感できないけど、毎日やらなきゃ仕方ない」とブログで綴り、話題となった。

 彼女がここまで主人公のキャラクターを嫌悪するのは、自身のイジメ体験が理由だという。

「5月18日発売の『週刊文春』にて、波瑠の友人がインタビューに答えています。それによると、彼女は学生時代に辛いイジメを受けていたとのこと。その経験以降、『人の悪口は言わない、人を陥れるようなことはしない』と心に決めているそうです。そんな波瑠は、家族思いで、不貞も絶対許せないタイプということですから、思わずブログで『共感できない』と、主演女優としては異例のコメントを書いてしまったのでしょう」(芸能記者)

 NHK朝ドラ「あさが来た」に出演し、国民的女優にまで上り詰めた波瑠。今回、朝ドラとは真逆の役柄を演じ切ることで、女優としてさらなる飛躍を期待したい。

関連記事(外部サイト)