有吉弘行の元相方がユーチューバーデビュー、「ついにここまで…」と酷評の嵐

猿岩石の元メンバーで有吉弘行の元相方の森脇和成がYouTuberデビューも酷評

記事まとめ

  • 猿岩石の元メンバーで、有吉弘行の元相方でもある森脇和成が、YouTuberデビューした
  • 森脇は儲けるつもりはないと話すも、『稼いでやる』という意気込みが感じられるという
  • YouTubeには波田陽区やねずっちらがおり、さながら『一発屋芸人の墓場』となっている

有吉弘行の元相方がユーチューバーデビュー、「ついにここまで…」と酷評の嵐

有吉弘行の元相方がユーチューバーデビュー、「ついにここまで…」と酷評の嵐

有吉弘行の元相方がユーチューバーデビュー、「ついにここまで…」と酷評の嵐

「進め!電波少年」のユーラシア大陸横断ヒッチハイクで知られる猿岩石の元メンバー・森脇和成がユーチューバーデビューした。5月23日、最初の動画「森脇和成、YouTube始めました。」を投稿。ユーチューバーになったいきさつや思いを語っている。

「森脇は偶然出会った有名なユーチューバーに薦められてデビューしたそうです。儲けるつもりではなく、自分が今でもどれだけ知られているか知りたいと話していますが、果たして本心かどうか‥‥。言葉の端々から『稼いでやる』という意気込みが感じられます(笑)」(芸能ライター)

 森脇は猿岩石を解散した後、芸能界を引退して実業家に転身。飲食店を経営して成功したこともあったが、失敗も重ねてサラリーマン生活を送っていたこともある。2015年に事務所に所属し、芸能活動を再開した。

「ブレイクしていた猿岩石時代のことや実業家時代の話をバラエティ番組などでして、それなりにテレビには出ていますが、売れているとは言いがたい状態。なんとか挽回しようとユーチューバーデビューしたのでしょう。ユーチューブは波田陽区やねずっちなど落ち目になった芸人が数多くいて、さながら『一発屋芸人の墓場』となっています。そのため『森脇もついにここまで落ちてきたか‥‥』と囁やかれています」(前出・芸能ライター)

 人気絶頂期には2000万円もの月収があったという森脇。長い旅路の果て、風に吹かれてここまで歩いてきてしまったということだろうか。

関連記事(外部サイト)