波瑠「あなそれ」絶好調も最終回で視聴者ブチギレの可能性が!?

波瑠主演『あなたのことはそれほど』第6話は視聴率11.5% 最終回で批判殺到の可能性

記事まとめ

  • 波瑠主演ドラマ『あなたのことはそれほど』第6話の視聴率が11.5%と同ドラマ最高に
  • 波瑠が演じる主人公のゲスっぷりや夫役の東出昌大の怪演がSNSで大きな話題となった
  • 「あなそれ」最終回で原作の面白さを再現できずに視聴者から批判が殺到する可能性も

波瑠「あなそれ」絶好調も最終回で視聴者ブチギレの可能性が!?

波瑠「あなそれ」絶好調も最終回で視聴者ブチギレの可能性が!?

波瑠「あなそれ」絶好調も最終回で視聴者ブチギレの可能性が!?

 5月23日に放送された波瑠主演のテレビドラマ「あなたのことはそれほど」(TBS系)第6話の視聴率が、11.5%だったことがわかった。この数字は、同ドラマの放送以降、最高記録だという。

「回を増すごとに波瑠が演じる主人公のゲスっぷりや、夫役の東出昌大の怪演がSNSで大きな話題となっており、注目度が上昇。最新話は初回の11.1%を上回って自己最高の視聴率となりました。制作側は今後もドロドロの展開が増えていくと発表していますので、今期、視聴者の間でもっとも盛り上がるドラマとなりそうです」(テレビ誌記者)

 当初、主人公の悪びれない不貞行動には、一部から辛辣な声が上がっていたものの、ここにきて夫役の東出が反撃を開始したことで、展開が見逃せなくなっている視聴者も多いようだ。

 そんな絶好調とも思われる「あなたのことはそれほど」だが、ラストには不安材料もあるという。

「このドラマはコミックが原作となっているのですが、まだ連載中であり完結していないのです。そのため、ドラマの最終回はオリジナルとなる可能性があります。過去、未完の原作モノドラマといえば、結末が用意されていないので、ラストをオリジナルにして放送。しかしその多くが、原作の面白さを再現できずに視聴者から批判が殺到するというケースもあった。今回の『あなそれ』も同じ道を歩む危険性があります」(前出・テレビ誌記者)

 はたしてドラマはどのような結末を迎えるのか。期日までに原作が完結しなければ、脚本家の力量が試されることとなりそうだ。

関連記事(外部サイト)