美しすぎないのが、むしろアリ?「山本美月のワキ」に集まるマニアックな視線

映画『ピーチガール』で主演の山本美月、"美しすぎないワキ"にファンがギャップ萌え

記事まとめ

  • 映画『ピーチガール』で主演を務める山本美月にマニアックな視線も集まっている
  • 美しい山本だけに、むしろ"美しすぎない部分"のほうが意外性があって気になるという
  • 山本のワキは決してツルツルというわけではなくてそこだけ妙にリアリティがあるよう

美しすぎないのが、むしろアリ?「山本美月のワキ」に集まるマニアックな視線

美しすぎないのが、むしろアリ?「山本美月のワキ」に集まるマニアックな視線

美しすぎないのが、むしろアリ?「山本美月のワキ」に集まるマニアックな視線

 5月20日公開の映画「ピーチガール」で主演を務める山本美月

 累計発行部数1300万部を超える大人気コミックの映画化とあって、公開前後のタイミングで大体的にPR活動を展開。主演の彼女も民放各局のバラエティ番組に出演を繰り返した。

 近年、CMでも引っ張りだことなり、いまやテレビで見ない日はない売れっ子となった山本だが、大人気の裏でマニアックな視線も彼女に集まっているという。

「とにかく美しい山本さんだけに、むしろ“美しすぎない部分”のほうが意外性があって気になってしまうんです」

 と語るのは「デビュー当時からの山本ファン」を自任する芸能ライターだ。

 果たして、山本ファンが気になる彼女のその部分とは──。

「ズバリ、ワキです。顔面、スタイルともにパーフェクトな彼女ですが、ワキだけは決してツルツルというわけではなくてそこだけ妙に、リアリティがあるんです。ノースリーブを着てバラエティに出演している時は、思わず注目してしまいます。今後、夏が近づくにつれ、彼女からますます目が離せませんよ」

 ファンが力説する山本の「ワキの魅力」。いわゆる“ギャップ萌え”といったところか──。

(白川健一)

関連記事(外部サイト)