菊川怜、結婚発表から1か月後も別居状態で「とくダネ!」降板まで囁かれた!?

菊川怜、結婚発表から1か月後も別居状態で「とくダネ!」降板まで囁かれた!?

菊川怜、結婚発表から1か月後も別居状態で「とくダネ!」降板まで囁かれた!?

 4月28日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)で結婚を発表。40歳を前に幸せを手に入れたかに見えた菊川怜。ところがその後、相手に離婚歴があり、3人の女性との間に4人の婚外子がいることが報じられた。そして、入籍して1ヵ月がたった今も別居のまま、新生活をスタートしていないという。所属事務所サイドは「仕事が忙しく引越しする準備が進んでいないだけ」だとコメントしているが、菊川の近況についてスポーツ紙デスクが言う。

「離婚歴や婚外子の存在は、菊川には夫から事前に包み隠さず打ち明けられていたようです。ところが報じられる記事を見ると“どうやって女たちを口説いたのか”“婚外子に払われたお金の話”など知りたくもない話まで報じられる始末。申し訳ないと言う気持ちもあり、だいぶ参っているようです」(スポーツ紙デスク)

 一方で、夫の代理人が、「私生活の取材を報道された場合、法的措置を取る」という文書を主要メディアに対して送付したことがきっかけで、番組関係者からこんな声まで上がっているという。

「『とくダネ!』では、政治家や経営者をはじめとする公人や有名人のスキャンダルを扱うことは少なくないわけですから、今後こうしたニュースの際に、菊川がコメントしにくくなる。その結果、キャスターを務めづらくなるのではないか、と言う声が出始めています。7月で丸5年になることから、9月には降板もあるのではないか、と言う噂も囁かれています」

 キャスター生命にも関わるこの問題を、菊川はどう乗り切るのか、注目されるところだ。

関連記事(外部サイト)