藤原竜也主演ミステリードラマ収録現場で出演者を癒やしているモノとは?

藤原竜也主演ミステリードラマ収録現場で出演者を癒やしているモノとは?

藤原竜也主演ミステリードラマ収録現場で出演者を癒やしているモノとは?

 業界内外で「おもしろい」と評価の高い藤原竜也主演ドラマ「リバース」(TBS系)。出演者の演技力が話題になっているという。週刊誌記者が語る。

「原作は湊かなえさんの推理小説。視聴率は第6話が7.4%と高くありませんが、録画派の多い作品で、評判は凄くいいですよ。主人公・深瀬和久は地味なキャラクターで、始まる前は『イケメンの藤原竜也には合わない』と言われていました。ですが、本当に地味に見えるんです。恋人役の戸田恵梨香さんとは映画『デスノート』で共演してますが、その時と演技が正反対なので、皆、二人に脱帽しています」

 藤原と戸田の他にも、「Kis-My-Ft2」玉森裕太が「意外と上手い」と評価を上げている。撮影現場ではその玉森がブームを起こしている物があるという。テレビ局関係者が語る。

「クリエイターの『U+U(ユープラスユー)』さんが描いたペンギンのキャラクターです。

 本業は編集者なので仲間内にしか作品を公開してないですが、AAAの西島隆弘さんや西内まりやさんなどファンが多いんです。

 玉森くんはスマホの待ち受けにしていて、見ると癒やされるんだとか。それが共演者の中で広がり、藤原さんや市原隼人さんも待ち受けにしてるそうですよ。シリアスなドラマなので一度役に入るとオンとオフが難しいのですが、皆さん、そのペンギンを見てリセットするようです」

 玉森から同じキスマイの藤ヶ谷太輔を経由して、ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」(フジテレビ系)の現場でも話題になっているというペンギンのキャラ。ミステリーとは縁遠い存在が、撮影にいい影響を与えているようだ。

(高橋ゆか)

関連記事(外部サイト)