「孤独死」した美少女アイドル川越美和が、最後に出演した映画の役どころ

「孤独死」した美少女アイドル川越美和が、最後に出演した映画の役どころ

「孤独死」した美少女アイドル川越美和が、最後に出演した映画の役どころ

 5月30日発売の「週刊女性」で、美少女アイドルとして「第31回日本レコード大賞」新人賞を受賞し、女優としても活躍していた川越美和が、08年にひっそりと孤独死していたことが報じられている。

「川越は歌手としてデビュー後、すぐに連ドラ『時間ですよ・平成元年』(89年・TBS系)でレギュラー出演を果たし、女優としても活躍。『HOTEL2』(92年・TBS系)、大河ドラマ『毛利元就』などの人気作品にも出演していました。07年に芸能界を引退しており、その後はテレビなどで表に出てくることはありませんでした」(ベテラン芸能記者)

 記事では彼女の引退後をたどっており、経済的な苦境が伝わってくる。

「フレンチブルドッグ2匹と暮らし、不動産会社のテレホンアポインターで生計を立てていたようです。当時の彼女を知る人物が語るには、悪い人間に引っかかって保証人になってしまい、川越に金銭の請求が来るようになっていたそうです」(芸能ライター)

 荒んだ生活となり、メンタルにも支障をきたした川越。クリニックで処方された10種類ほどの薬を飲む生活で、実家からも“勘当状態”だったという。追われるように08年、羽田空港のほど近くに引っ越したが、その1週間ほどのち、室内で川越の遺体が見つかったという。

 最後に出演した映画は07年公開の「松ヶ根乱射事件」。この作品での川越の役どころは、ひき逃げされるが実は生きていて…という難しい役だった。実家のあった鹿児島県錦江町には、川越のお墓が建てられているという。

関連記事(外部サイト)