ダレノガレ明美「美女と野獣」風扮装が一部男性から批判される「艶」な理由

ダレノガレ明美「美女と野獣」風扮装が一部男性から批判される「艶」な理由

ダレノガレ明美「美女と野獣」風扮装が一部男性から批判される「艶」な理由

 モデルでタレントのダレノガレ明美がインスタグラムで公開した「美女と野獣」風衣装に批判の声が上がっている。問題の写真は5月25日に投稿されたもので、淡い黄色のロングドレスを身にまとい、手には真っ赤なバラを持っているというもの。宮殿のような場所で撮られており、まるで「美女と野獣」のワンシーンのようだ。ダレノガレも「ベルになりたい」と記している。

「以前、女性ファッション誌の撮影で撮ったものを公開したようです。ダレノガレはとても美しく、ベルにふさわしいといっていいではないでしょうか。特に2枚目は肩から背中にかけて大胆に肌見せしたもので、なかなかグッとくるものがあります」(グラビア誌編集者)

 ところが一部の男性からはブーイングが上がっているのだ。何でもダレノガレでは美女・ベルのイメージを壊すというのだ。

「ダレノガレは交際中の男性に『ハワイでも寝かせないから』と発言したと報じられました。他にも普段おとなしい彼氏がベッド上ではドSに変貌したという話をしたり、よがり声を上げすぎて翌日に声が出なくなったと発言したこともあります。極めつけは『潮吹き』発言でしょう。そんな彼女にベルをイメージさせる扮装などしてほしくないということのようですね」(週刊誌記者)

 ネットに寄せられた意見には「ダレノガレが演じたら下品なベルになるのは確実」「品がなさすぎてディズニーに怒られるレベル」とさんざん、中には「美女じゃなくて『ビショビショと野獣』の間違いだろ」という意見まで。ダレノガレにとってもとんだ逆風になったようだ。

関連記事(外部サイト)