ゆず北川の妻で2児の母の高島彩が「それでも働かなければならない」理由

高島彩がテレビ朝日『サタデーステーション』司会となった裏にの焦りか

記事まとめ

  • 11年に北川悠仁と結婚した高島彩は、15年にTBS『下町ロケット』に出演し話題を呼んだ
  • 高島彩は今年にはテレ朝の新報道番組『サタデーステーション』の司会となっている
  • 高島彩には、レギュラー番組に出続けないと『あの人はいま』になる焦りがあったという

ゆず北川の妻で2児の母の高島彩が「それでも働かなければならない」理由

ゆず北川の妻で2児の母の高島彩が「それでも働かなければならない」理由

ゆず北川の妻で2児の母の高島彩が「それでも働かなければならない」理由

 新報道番組「サタデーステーション」(テレビ朝日系)の司会となり1ヶ月が過ぎた元フジ・高島彩(38)。果たして現場での評判は…。

「初のテレ朝レギュラーなだけに、最初こそ緊張した様子でしたが、さすがに生放送での機転の利いた立ち振る舞いに現場では舌を巻いています」(番組関係者)

 10年にフジを退社、11年にゆず・北川悠仁と結婚したアヤパンだが、一昨年にはドラマ「下町ロケット」(TBS系)に女優として出演したことでも話題を呼んだ。

「ジャーナリスト役で出演したアヤパンの瞬き一つしない堂に入った演技に『さすが俳優の娘』と評価はうなぎ上り。その後、女優としてオファーが各局から殺到したが、13年に長女を出産し、子育てを理由に連ドラのオファーは断っていた。その後、昨年6月に次女を出産したばかりなだけに今回獲得できたのは奇跡的です」(民放ディレクター)

 TBSに続いてテレ朝がまんまと元フジの看板アナをかっさらうことができたのはある理由があったという。

「フジ時代のアヤパンは、朝の情報番組からバラエティ、お笑い番組まで幅広いジャンルをそつのない仕事ぶりが評価されていたが、実は報道番組は選挙特番などの単発以外は経験がなく、本人も報道アナの肩書きは望むところだった。しかも、結婚後は単発の仕事しかできず、レギュラー番組に出続けなければ“あの人はいま”になってしまうという焦りがあったようです」(前出・番組関係者)

 とはいえ、番組視聴率は、初回8.7%を最高にその後はジリ貧と苦戦が続いている。

「それでも、局幹部は夜7時〜11時のプライムタイムに1週間通して報道番組を成立させたことで満足している。アヤパン本人も『スタジオだけではなく現場にも出してください』と訴えるなど、ヤル気マンマンです」(前出・番組関係者)

 勝負はこれから。かつての女子アナ女王の面目躍如なるか!?

関連記事(外部サイト)