衝撃!フジ「バイキング」に浮上した「サブリミナル映像」使用疑惑

フジテレビ系『バイキング』でサブリミナル効果を使用か NHK、民放連ともに禁止規定

記事まとめ

  • 放送3年目を迎えた『バイキング』、視聴率が急上昇しTBS系「ひるおび!」に肉薄
  • 『思い出の結婚式ソングベスト5』のコーナーでサブリミナル効果を使用した疑いが浮上
  • 一瞬だけ別映像を挟み込み潜在意識に訴えかける広告手法で日本では禁止を規定している

衝撃!フジ「バイキング」に浮上した「サブリミナル映像」使用疑惑

衝撃!フジ「バイキング」に浮上した「サブリミナル映像」使用疑惑

衝撃!フジ「バイキング」に浮上した「サブリミナル映像」使用疑惑

 放送3年目を迎えた昼の帯番組「バイキング」(フジテレビ系)。

 スタート当初は低迷が伝えられていたが、時事ニュース路線に転換後、視聴率が急上昇。現在は同時間帯トップのTBS系「ひるおび!」に肉薄するまでになった。

 そんな「バイキング」を巡り、何やら穏やかでないウワサが聞こえてきた。

「先日放送された『バイキング』の何気ないシーンで『サブリミナル効果』が使われたんじゃないかと話題になってるんですよ」

 と語るのは放送作家だ。

 サブリミナル効果とは、視聴者の記憶に残るように、一瞬だけ別の映像を挟み込み、潜在意識に訴えかける広告手法。日本ではNHK、民放連ともに禁止を規定している。

 いったい、「バイキング」のどの場面がサブリミナル効果だと指摘されているのか。放送作家が続ける。

「5月30日の放送で『思い出の結婚式ソングベスト5』というコーナーです。この中の『歌声喫茶』を紹介するVTRで“政治的なサブリミナルメッセージ”とも取れるカットが入ったんですよ」

 果たして、“政治的なメッセージ”とは──。

「歌声喫茶の入り口のポスターに書かれた『共謀罪NO』という文字です。カメラが移動する中で本当にチラッとだけ写っている。まあ、たまたまの可能性もありますが……」(前出・放送作家)

 好調を続け注目されているがゆえの“疑惑”といったところか。

(白川健一)

関連記事(外部サイト)