80代からが人生の黄金期だ「キダ・タロー」(4)30年間タバコをやめていた

80代からが人生の黄金期だ「キダ・タロー」(4)30年間タバコをやめていた

80代からが人生の黄金期だ「キダ・タロー」(4)30年間タバコをやめていた

 実は好き嫌いが多くて、戦時中の物のない時代やのに、末っ子やからおふくろが甘やかして食べたくない物を無理やり食べなかった。だから偏食が直らない。33歳で結婚してから、やっと野菜とか食べるようになっただけでホンマ偏食やったんです。嫌やと言う物を食べんで済むのは健康にいいと思ってますね。質素でも問題ない。卵焼きと少々の牛肉とカチカチに焼いたタラコがあれば毎日でもいける。それぐらい偏食です。

──

 キダ氏の毎日は規則正しい。朝9〜11時に起床後、昼食。夕食19時で就寝は翌1時だ。その間の空き時間や食事中は常にゲーム三昧。実はキダ氏、スマホや3DSをひとときも離さない筋金入りのゲーマーであり、日に20〜30本のタバコを吸う愛煙家でもある。

──

 20歳過ぎからタバコを吸ってまして、40歳の時に禁煙宣言して30年間やめていた時期があったんです。30年間やめてると言うても、自分の確固たる意志でやめたんではなしに、禁煙がはやりやから。ラジオで『今日からタバコやめます』と言ったらカッコよろしいやんか(笑)。公言ですからね、ラジオで言うとんのに陰で吸ってると言われるのがいちばん嫌いでね。たったそれだけでタバコを30年間やめとったんですが、某所で友達に「葉巻あるで」言われて。30年もやめれる意志の強い俺やから今からこの葉巻を吸うって3日間タバコ吸わん。3日目になったら吸う。要するに自由自在に吸ったり、やめたりできると勘違いしてしまいまして。それでまた元に戻ったワケです‥‥。ただ、戻っても何の後悔もありません。

 タバコはショートピースしか吸いませんね。理由はフィルターはタバコの味を消してしまいますから。どうせ吸うなら、おいしいもの。ニコチン量とかも気にしません。タバコは体調のバロメーター。吸えないということは体調が悪いってことです。

 食料は右肩上がりですけど、喫煙者には右肩下がりです。WHOは疫学を振りかざして迫ってくるもんですから集中砲火ですやん。次にお酒がターゲットにされてるでしょ。お酒も好きなだけ飲む。20歳過ぎから少しだけ飲みだして、本格的に飲みだしたのは30歳超えてから。長いこと飲んでましたら自分の量がわかりますやん。どんな場所で何を飲んでどんな状態で飲んだらちょっとヤバイとか。だから今はちょっとヤバイ一歩手前で控えています。

 毎日晩酌はするんですが、缶ビール1本飲んでウイスキーの水割り飲んで、日本酒を3合。外には嫁はんとしか遊びに行きませんから外食した時は6合までやったらOKです。たまたまそんだけ飲んでも、たまたま肝臓が管理してくれるだけの話で、危ない橋には変わりないですよ。そやけど飲みたいものを辛抱するのはいけないこと。贅沢なことでもないですし、日本酒はいちばん安い清酒が好きなんですよ。吟醸とか、大吟醸とかいうのは大嫌いなんです。酒の味がしない。レモンの味がする(笑)。

 お酒もタバコと一緒。ちょっとカゼひいたりしたら飲めない。毎日このペースで飲めないということは体調が悪いから。お酒が飲めないということは体調を崩しているから飲めない。そんなん言うて重い病気になったらビビりますやろな。こういう男に限ってビビりのくせにええかげんですから。

キダ・タロー:1930年、宝塚市生まれ。作曲家としてこれまで数多くのテレビ番組やCMソングなどを手がける。代表作に、NHK「古寺巡礼」「生活笑百科」など、作曲した作品は3000を超える。また「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送)の最高顧問としてもテレビ出演中。

関連記事(外部サイト)