天才テリー伊藤対談「寺内タケシ」(4)寺内さんの厳しい特訓だけは勘弁!

天才テリー伊藤対談「寺内タケシ」(4)寺内さんの厳しい特訓だけは勘弁!

天才テリー伊藤対談「寺内タケシ」(4)寺内さんの厳しい特訓だけは勘弁!

テリー 今年、寺内さんのバンド「ブルージーンズ」は結成55年を迎えますね。あらためて、どんなお気持ちですか?

寺内 ひと言で言えないよな。よくある「過ぎてしまえばあっという間」という感じもあれば、まだ道の途中という思いもあるし。

テリー 昔メンバーだった加瀬(邦彦)さんが2年ぐらい前に、あと寺内さんと同い年のかまやつ(ひろし)さんも先日亡くなられたりと、残念なニュースが続いていますけど‥‥。

寺内 次は俺だろうって?

テリー いえいえ、それを考えると、あらためてすごいことだなと思うんですよ。

寺内 まあ無理はしないようにはしてるよ。前に大腸ガンとか呼吸器系とかデカい病気もやったし、俺はもう酒も全然飲まないから。

テリー 今のライブの雰囲気って、どんな感じなんですか?

寺内 もうお客さんも「ファンになってから30年です」「40年です」なんてのはザラだから。だから最近は「今日の体調はどう?」とか聞いたりね(苦笑)。あと、ライブ前にその日やる曲を決めてないんだよ。

テリー ええっ!? その場で決めるんですか? メンバーもスタッフも大変じゃないですか。

寺内 だろうね。レコーディングした曲だけでも5000〜6000曲。他にもアレンジを変えた曲とか入れていくと、万単位になってくるからね。だからメンバー同士でいつも予想してるよ。「今日はこの曲で来るんじゃないか」って。

テリー ハハハ、受験生じゃないんだから。

寺内 で、絶対に予想できないような曲を黙って弾き始めるんだな。それについてこれないような、たるんでるヤツは罰金だよ。あと、演奏中に後ろから俺の蹴りが入る(笑)。

テリー 怖いなぁ。俺、絶対ブルージーンズに入れないよ。

寺内 まぁ、やっても寸止めぐらいで止めるんだけどね。いちおう、元空手部の主将ですから、本気で蹴ったらヤバい(笑)。

テリー じゃあ、来月、再来月とブルージーンズのライブが開催されますけど、寺内さんの蹴りもお楽しみの一つに。

寺内 アハハハハ。

テリー しかし寺内さん、どうしてそんなにお元気でいられるんですか?

寺内 いやいや、そこまで元気じゃないんだけどね、何だか知らないけど演奏前になると体調がよくなっちゃうんだよ。

テリー 気持ちのほうが体調を上回るっていうことですか?

寺内 うん、それ。気持ちで弾けちゃうんだよ。もし元気がないんだったら、うちのバンドと2週間ぐらい合宿して、ちょっと締め直してやろうか?

テリー いやいや、いいです。僕は遠くのほうから離れて観てます。

寺内 フフフ、だらしないな。

テリー でも、また寺内さんの家に行ってTERRYグッズを盗んできたいなァ(笑)。

寺内 何だよ、ギターが欲しいの?

テリー いや、さすがにそれはちょっと失礼すぎて、ファンの人たちに怒られちゃう。

寺内 合宿に来れば、小汚いやつなら考えるけどな。

テリー 悩むな〜。

寺内 ライブのゲストに来て、1曲歌うのでもいいよ。下手だったら、後ろから蹴ってやるから。

テリー ハハハ、絶対泣いちゃいますから、勘弁してください!

◆テリーからひと言

 いつお会いしても寺内さんは変わらないね、まるで子供だもの(笑)。でも、そのままでいられるのは、うらやましい。まだまだお元気で、ギター弾きまくってください。

関連記事(外部サイト)