ビートたけしの金言集「浅草凱旋で“これからは歌もありだな!”」

ビートたけしの金言集「浅草凱旋で“これからは歌もありだな!”」

ビートたけしの金言集「浅草凱旋で“これからは歌もありだな!”」

 先日開催された、「第8回・したまちコメディ映画祭in台東」にて、コメディ栄誉賞を受賞された殿は、授賞式&「ビートたけしリスペクトライブ」出演のため、午後2時ちょい前、浅草公会堂へ意気揚々と入られました。

 この日の殿はそのライブにて、実に16年ぶりとなる客前での「浅草キッド」披露をする予定でありました。現在、殿の“生歌”は、なかなか貴重です。

 で、この日の1週間程前、

「今度、俺、浅草で歌うだろ? あと何か受賞したんだろ? それ、賞金は出んのか?」

 と、矢継ぎ早に、“マネージャーに説明は受けたけど、よくわからねーんだ”的な質問をぶつけてきたのです。そして、

「あれだな。賞金出たらよ、夜は浅草で飲むか!」

 と、周りをワクワクさせる発言も口にされていました。

 会場入りされ、早々とライブリハーサルをこなされた殿は、所用でリハを目撃できなかったわたくしに、

「リハで俺の歌聞いた義太夫が『昔より声が出てます』なんて言うんだよ。なんか歌うまくなってるらしいぞ」

 と、喉の調子の良さをアピールされてきたのです。

 さらに、

「これからは歌もありだな!」

 と、“歌手・ビートたけし・再開濃厚宣言!”まで発動されていました。

 で、リハを終えて一息つくと、殿が芸人としてキャリアをスタートさせ、修行を積んだ浅草東洋館(元フランス座)へと移動され、特別上映された「菊次郎の夏」を観に集まった観客を前に、「したコメ映画祭」主催者である、いとうせいこうさんとのトークショーを展開されたのです。そして再び浅草公会堂へ戻り、19時過ぎに舞台へ登場された殿は、バックバンドを務めるサンボマスターの中に長髪のメンバーを認めると、

「あれでしょ、三鷹のほうで架線に火をつけた自称ミュージシャン?」

 と、“フランス座仕込み”の毒ガスを軽く放り込んだ後、この日、誰もが待ち望んでいた「浅草キッド」を、抜群のコンディションの喉で熱唱され、その場にいた全ての人間の心臓をわし掴みにされていました。そして、ライブ後に行われた受賞式の後には、出演されたミュージシャン全員と大合唱する形で、もう一発「浅草キッド」を歌いあげ、感動のフィナーレを迎えたのです。しかし、ビートたけしと浅草の強烈な食いあわせの良さに、改めておののいた1日でした。

 翌日、前日のライブがよほど気持ちよかったのか、

「あれだな。サンボマスターと何かやりて〜な」

 と、漏らすと、ややあってから、

「サンボマスターが演奏してる前に子供用のプール置いて脚立立ててよ、上から何度もプールに飛び込むパフォーマンスやるか!」

 と、アバンギャルドな演出を提案されていました。もしかしたら近々、“パンクでロックなたけちゃん”が見られるかもしれません。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集〜あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

関連記事(外部サイト)