ピース綾部の一時帰国にイチャモンをつけるのが筋違いなワケとは?

ピース綾部の一時帰国にイチャモンをつけるのが筋違いなワケとは?

ピース綾部の一時帰国にイチャモンをつけるのが筋違いなワケとは?

 アメリカに活動拠点を移すと公言し、4月に渡米していたピースの綾部祐二が一時帰国している。お笑い芸人仲間の品川祐が5月26日、綾部と一緒にいる写真をインスタグラムに投稿したもの。この帰国に関して綾部を批判する論調がまかり通っているようだ。アメリカ在住経験のあるライターが指摘する。

「典型的な批判は、わずか1カ月で逃げ帰ってきたというもの。綾部の帰国を敵前逃亡とみなし、英語ができないことで怖気づいたとか、孤独に耐えられなくなったとか、好き勝手なイチャモンが並んでいます。しかし本当に逃げ帰ってきたなら品川と写真を撮ったりしませんよ」

 それではなぜ綾部はこの時期に帰国しているのか。その理由は5月14日にニューヨークで開催された「ジャパンデー」に親善大使として出席した時に、すでに明かされていたというのだ。同ライターが続ける。

「当時の記事によると、アメリカ在住に必要なビザは6月初旬までに取得予定と所属事務所の吉本が認めています。ビザの発給を待っている間でも最長90日間のビザなし渡航は可能なので、綾部はアパートを決めたり現地の生活に慣れるといった準備のために渡米したのでしょう。手順を踏んで万全の体制を敷いている彼を、ビザに関する知識もなく批判するのはお門違いもはなはだしいですね」

 ビザが発給され次第、正式にニューヨーク移住を果たすと見られる綾部。今後は短期間で帰国すると「逃げ帰った」と言われるのは確実なので、じっくりと腰を据えていただきたいものだ。

(金田麻有)

関連記事(外部サイト)