「死亡情報」一蹴したジャニー喜多川氏に今度は「引退」が囁かれる禁断理由!

ジャニー喜多川社長「死亡情報」を否定し健在ぶりをアピールも「引退」囁かれる

記事まとめ

  • ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長にも、「引退」の声が聞こえ始めているという
  • 藤島ジュリー景子氏へ代表権を移しジャニー氏は第一線から外れてもらうつもりのよう
  • ジャニー氏といえば、先日「死亡情報」を否定し健在ぶりをアピールしていた

「死亡情報」一蹴したジャニー喜多川氏に今度は「引退」が囁かれる禁断理由!

「死亡情報」一蹴したジャニー喜多川氏に今度は「引退」が囁かれる禁断理由!

「死亡情報」一蹴したジャニー喜多川氏に今度は「引退」が囁かれる禁断理由!

 所属タレントのトラブルが続いているジャニーズ事務所。昨年末のSMAP解散騒動以来、マスコミの統制も取れず、タレントの熱愛スキャンダルから、中には金塊強盗事件の容疑者と写った写真がネットに漏洩するなど、目も当てられない状況だ。

 スポーツ紙記者が言う。

「これまではジャニー喜多川社長と広報担当の幹部・S氏が二人三脚でマスコミ対応をしていた。加えて、SMAPのチーフマネージャーだった飯島三智氏も加わり、タレントのキャスティングを武器にスキャンダルを封じてきたんです。しかし、飯島氏はSMAPの独立騒動で会社を去り、広報担当のS氏も昨年退職した。そこからスキャンダルが増え、歯止めがきかない状況になっているんです。ただ、ジャニー喜多川社長に恩義を感じているマスコミ関係者は多く、特にテレビ局スタッフなどは、ジャニーさんのためにジャニーズタレントに不利になる情報をいまだに情報番組では流さないようにしているようです」

 そんな、事務所にとっての最後の砦とも言えるジャニー喜多川社長にも、「引退」の声が聞こえ始めているという。さる民放関係者の話。

「ジャニー氏に引退を勧めているのは、実の姉のメリー喜多川氏と娘である藤島ジュリー景子氏だと言われる。ジャニーズ事務所は嵐を2020年の東京五輪でより一層売り出したい。しかし、大手広告代理店から『ジャニーさんの少年へのハラスメント報道が問題になるかもしれない』と相談を受けているんです。かつて週刊文春が報じたジャニー喜多川社長の少年ハラスメント報道は、日本では大手メディアが黙殺したため大きな話題となりませんでしたが、問題の根は深い。特に、児童虐待に厳しい欧米各国向けにジャニーズ事務所が身辺調査をされると非常にまずい。その当事者がいまだに代表権を持っているわけですから、早いうちに対処したいというのがスポーツ利権に関わる大手広告代理店の本音です。ジャニーズとしては、早急に藤島ジュリー景子氏へ代表権を移し、ジャニー氏には第一線から外れてもらうつもりのようです。しかし、ジャニー氏が経営から退けば、さらにマスコミや民放各局のジャニーズ離れが加速する。そうなると、今以上にスキャンダルも報じられるようになるでしょうね」

 ジャニー氏といえば、先日、業界を駆け巡った「死亡情報」を否定。健在ぶりをアピールしたことが記憶に新しい。ご本人はまだまだ先頭に立っていたいように見えるが…。

関連記事(外部サイト)