「水曜日のカンパネラ」コムアイの「迫力の美脚と控えめバスト」の意外艶気

「水曜日のカンパネラ」コムアイの「迫力の美脚と控えめバスト」の意外艶気

「水曜日のカンパネラ」コムアイの「迫力の美脚と控えめバスト」の意外艶気

 1度聴いたら耳について離れなくなる中毒性のある楽曲と、鹿の解体をライブパフォーマンスに取り入れるなど独特の世界観を放つ音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」。そのボーカルとパフォーマンスを務めるコムアイが、7月スタートのお笑いコンビ・くりぃむしちゅー有田哲平が主演を務める連続ドラマ「わにとかげぎす」(TBS系)で連ドラ初出演を果たす。

 コムアイが演じるのはドラマの鍵となる極道組長の恋人・吉岡華。自分に気がある男を誘惑して利用するパチンコ店の店員だ。

「コムアイは常盤貴子に似た、色白で目元の涼しげな美形です。昨年2月にはファッションブランドのフリーペーパーにニップレス姿で登場し、若者の間で反響を呼びました。『BカップかCカップ』といわれるバストに対して迫力のある脚をしていますが、そのアンバランスさが独特な艶気を醸し出しています。13年放送のドラマ『半沢直樹』が当たってから、丁寧かつ斬新なドラマ作りをすれば視聴率が取れることを実感したTBSスタッフが、唯一無二の個性を放つコムアイしかこの役はできないとして、出演をオファーしたと聞いています」(テレビ誌ライター)

 昨年12月放送の単発ドラマ「トーキョー・ミッドナイト・ラン」(フジテレビ系)では二階堂ふみとW主演し、あまりに自然すぎる演技が話題になったコムアイ。斉藤工やKAT‐TUN亀梨和也からも“公言推し”されている特異な魅力に期待感がつのる──。

関連記事(外部サイト)