壇蜜のワンピース下から“チラ見えしたモノ“が視聴者に与えたあらぬ妄想

壇蜜のワンピース下から“チラ見えしたモノ“が視聴者に与えたあらぬ妄想

壇蜜のワンピース下から“チラ見えしたモノ“が視聴者に与えたあらぬ妄想

 6月11日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)に出演した壇蜜。この日の放送は、未成年との飲酒及び不適切な関係を認め、無期限活動停止となった俳優の小出恵介について激しい議論が飛び交った。

 壇蜜をはじめ女性コメンテーターとして登場した女医の西川史子、モデルの岡田紗佳は相手側の女性に対して言及。「もし起きたことが落ち着いてきて、今後17歳の子が夜、街を出歩かないとか飲酒をしないとか、導く人がいらっしゃるのかなってすごく心配」「(17歳だと知ったうえでバーに呼び寄せるような人と)手を切るような環境って整ってるのかな」などと女性の将来を危惧する壇蜜に対し、西川は「17歳の女の子が夜中にバーに行くっていうのは常識的ではない」とし、女性側から金銭要求があったという報道に「大人の入れ知恵があったってことは疑ってしまう」とコメント。さらに岡田は「(相手の)女性のものだと思われてるツイッターとかLINEとかがネットで回ってるのを見たんですけど『小出恵介くんと一緒にホテル行った、カッコいい』とか自慢げに書いてあるのを見たので、それが事実であれば週刊誌(の報道)と全然違うなあと思った」と視聴者目線でコメントした。

「そんな議論の中、壇蜜が動くたび右膝下にできていた青黒いアザが見えたため、一部視聴者はそこに目が釘付けにされ、内容がまったく頭に入ってこなかったようです。4年前に同名の映画に合わせて『「甘い鞭」壇蜜写真集』を出版した時に、映画撮影時に鞭で打たれたり、縛られたりした時のアザを隠さずにイベントに出席したことを明かしてました。もしかしたら、私生活でも…なんて考えてしまうのかもしれませんね」(テレビ誌ライター)

 膝下丈のワンピースを着ていた壇蜜だが“動くと見える”膝のアザが、視聴者の妄想を駆り立てたようだ。

関連記事(外部サイト)