伊藤かずえが12キロのダイエットに成功も「なぜやせた!?」の大合唱

女優の伊藤かずえが12キロ減に成功も「ガッカリ」と太っていた頃を懐かしむ意見

記事まとめ

  • 女優の伊藤かずえは12キロ減に成功し「伊藤かずえが12キロやせたレシピ」を出版した
  • 伊藤は痩せたことにより娘のセーラー服を着ることができるようになったという
  • 「ムッチムチ感が最高だったのに」「ガッカリ」と太っていた頃を懐かしむ意見が続々

伊藤かずえが12キロのダイエットに成功も「なぜやせた!?」の大合唱

伊藤かずえが12キロのダイエットに成功も「なぜやせた!?」の大合唱

伊藤かずえが12キロのダイエットに成功も「なぜやせた!?」の大合唱

 女優の伊藤かずえが6月9日、「伊藤かずえが12キロやせたレシピ」(小学館)の出版会見を開き、著書をPRした。

 伊藤は2010年ごろから徐々に太り始め、2013年に離婚してからはふっくらする一方だったが、2016年にテレビのバラエティ番組でダイエットに挑戦。みごと12キロ減に成功した。 著書はそのダイエット時に食べていた「やせるおかず」をまとめたもの。

「やせるおかずによって、伊藤は65.5キロから53.5キロに絞り込むことができたそうです。確かに以前から比べるとかなりほっそりしていて、女優らしいルックスになっていました(笑)」(取材カメラマン)

 伊藤によると、やせたことによって娘のセーラー服を着ることができるようになったとか。ダイエットに成功したことで、バラエティ番組はもちろん、本業の女優として活躍する機会が増えそうだ。だが、その一方で今の彼女の姿を残念がる人たちもいるようだ。

 意見を拾ってみると、「あのムッチムチ感が最高だったのに」「彼女の魅力はたぬき顔。以前の体型はたぬき顔が生きた。今はガッカリ」と、太っていた頃を懐かしむ意見が続々と上がっている。

「太っていたといっても、年相応と言えるぐらい。完熟女性が好きな男性からすれば、あれぐらいのほうがよかったようです。確かにムチっとしたボディはソソるものがありました」(週刊誌記者)

 もう1度太ってほしい、そんな声も聞こえてくるが、まずは今のボディで水着姿を公開してほしいものだ。

関連記事(外部サイト)