社長との飲み会をキャンセルした人気吉本芸人2人の「哲学」とは?

社長との飲み会をキャンセルした人気吉本芸人2人の「哲学」とは?

社長との飲み会をキャンセルした人気吉本芸人2人の「哲学」とは?

 よしもとクリエイティブ・エージェンシーの新社長に就任した藤原寛氏。日本テレビ系の年末特番「笑ってはいけない」シリーズで、「松本、アウト!」と宣言するシーンでおなじみの藤原氏だが、その藤原新社長を囲んで同社所属芸人が飲み会を開催した。ところが開催近くなって、不参加者が2人出ていたという。 この飲み会の幹事を務めた博多大吉が、6月14日放送のラジオ番組「たまむすび」(TBSラジオ)で明かした。

「大吉によれば、『このメンバーなら会社も話を聞いてくれるんじゃないか』という理由で飲み会のメンバーに選抜されたのが、博多華丸・大吉、FUJIWARA、チュートリアル、ブラックマヨネーズ、フットボールアワー、タカアンドトシという中堅メンバー。『今後どうやって会社を盛り上げていくか』を新社長とともに語り合うのが表向きの趣旨で、本音はギャラアップのお願いだったそうです。で、開催3カ月前から全員のスケジュールを押さえて準備していたんですが、2人がキャンセル。その理由がふるっていて、幹事の大吉も思わず納得していましたね」(芸能ライター)

 1人はブラマヨの吉田敬。「自分は、ちょっと妬み僻みがすごい。今までの吉本への不満がこの飲み会の場を乱すくらい多すぎると思う。何か言っちゃうかもしれないから」と断ってきたという。

「酒大好きで、毎晩気絶するまで飲むという酒豪ながらアレルギー持ちで食べられないものが多いという吉田だけに、周囲に気を使いながら飲む酒では気持ちよく酔えないということでしょうかね」(前出・ライター)

 もう1人は、フットボールアワーの岩尾望。同日に行われたアイドルグループ・℃-uteの解散コンサートに行くことを優先、「この飲み会は今後続いていくかもしれないけど、℃-uteの解散ライブは、今日しかない」というのが、欠席の理由だった。

「当日は関西での仕事を終了後に直行。アンコールの途中でようやく間に合ったそうです。解散の現場に立ち会い、グッズも買えたと手放しの喜びようでしたが、5時間ぶっ通しで続いた飲み会に合流することはなかった」(前出・ライター)

 2人の相方も気苦労が絶えないのではないか。

(塩勢知央)

関連記事(外部サイト)