小倉智昭、眞子さまご婚約で口走った「キャスター失格」な愚問!

小倉智昭が『とくダネ!』で眞子さまの話題についてご祝儀への疑問を呈し批判浴びる

記事まとめ

  • フジ『とくダネ!』で眞子さまの婚約内定が7月8日にも正式発表されると報じられた
  • ここで小倉智昭が披露宴でのご祝儀に関して疑問を呈し、共演者から制された
  • 小倉智昭に、ご祝儀のなかった黒田清子さんの先例を無視していると批判の声が出ている

小倉智昭、眞子さまご婚約で口走った「キャスター失格」な愚問!

小倉智昭、眞子さまご婚約で口走った「キャスター失格」な愚問!

小倉智昭、眞子さまご婚約で口走った「キャスター失格」な愚問!

 小倉智昭キャスターに「非常識」との批判が寄せられているようだ。6月20日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)では秋篠宮家の長女・眞子さまについて、お相手の小室圭さんが自宅から出てくる様子を映し、7月8日にも婚約内定が正式発表されると報じた。

 ここで同番組キャスターの小倉は「もしもこういうお席に招かれた場合、どれくらいお包みすればいいのか」と、披露宴でのご祝儀に関して疑問を呈した。この発言に共演者が「またそういうことを…」と制するも、「庶民から見たらどうしてもそういう話になってしまう」と続け、自身の疑問を正当化したのである。

 その小倉に対し、そもそも情報番組のキャスターという立場であればこんな質問を口にすること自体がおかしいと、週刊誌記者が指摘する。

「何より問題なのは小倉が、眞子さまの披露宴にご祝儀があると勝手に決めつけている点です。05年11月には今上天皇の第一皇女・清子さまと黒田慶樹さんがご結婚され、披露宴も催されましたが、当時の報道では慣習に従ってご祝儀はなかったと報じられています。12年前に先例があったにもかかわらず、それを無視して“庶民”を口実に品のない質問を繰り出す姿は、まさにキャスター失格でしょう」

 自分の番組で皇族のご婚約を取り上げるのなら、先例について調べるのはキャスターとして当然の責務だろう。それを怠り、愚にもつかない疑問を意気揚々と口にする小倉には、開いた口のふさがらない視聴者も少なくなかったに違いない。

(金田麻有)

関連記事(外部サイト)